クラリネット&アレクサンダーテクニーク  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

クラリネット・指

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪体験レッスンお申込み・お問い合わせはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com

左手「ラ」のキーをもっとうまく操作する方法

左手の「ラ」のキーの押さえ方は、このようにしましょう!とよく教本やネットに書かれていますね。
FullSizeRender

キーの下の方を指の腹ではなく、指の側面で軽く押さえます。(私の押さえ方は一例です。人によって微妙に変わりますので完コピはしないでくださいね)

これで滑らかに繋がりやすくなりますが、イマイチ指が動かしづらかったり、何回やってもブツブツ切れてしまう時は、こっちにも注目してみてください。

FullSizeRender

左手親指と、右手親指です。

左手親指も音に影響を与えます。開閉のときに力みが強いと楽器がグラグラして音程や音色が不安定になったり、思わぬアクセントが付いてしまったり、リードミスの原因になる場合も。音が不安定になり滑らかに繋がりづらくなってしまいます。

左手親指でトーンホールを開閉するとき、どんな動きをしているのか観察してみましょう。動かすタイミング、開閉するときのスピードを変えてみる、力加減、塞ぐ指の位置を変えてみて違いを観察してみましょう。色々試していくとベストの加減がわかってくると思います。

観察するときは、集中して観察するというよりは、やって来るフィードバックを待つ感じです。

一般的に「集中」というと、視界を狭くして息をひそめてというイメージですが、そうすると身体が固まったり縮こまって、全体の情報が得づらくなってしまいます。


右手親指は楽器を支える役目です。右手親指の意識がないと、左手で楽器を支える負担が増え、指をキーやトーンホールから離しづらくなってしまいます。その結果動きが鈍くなり、思い通りに動かすことが難しくなります。

また、右手親指は上下の歯とバランスを取ってアンブシュアを安定させる役目もあります。

右手親指の意識が薄れてしまうと、それを補うために口やアゴが力み、バテやすくなるだけでなく、必要なリードの振動を止めてしまうことになります。音が詰まって細くなる、頑張ってるのに響かない方は見直してみてください。

練習しているのに解決しないときは、メインで動かしている部分以外に意識を向けてみる。身体全体に意識を広げる第一歩。今日のテーマだけでなく、すべてに共通することです(^^)/


♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/








どうしても指の力みが抜けないときに振り返りたい3つのこと

216734

指が力んでしまうとお悩み、かなりの頻度で耳にします。気を付けているのにどうしても抜けない、気を抜くと力んでいる…と力みを脱せない場合が多いようです。

なかなかうまくいかないときは、単純に指の力だけ抜こうと思っているのかもしれません。

指の力みは色々な原因が絡まって起こるもの。一見指に関係ないことが原因であることも多いのです。また、何を考えて吹いているかもかなり影響を与えます。

今日は色々絡まっている指の力みの原因のうち、よくみかける3つの原因を書いてみたいと思います。


・「音は息で出す」という意識が薄い
音はリードを息で振動させて出すものです。その息が足りていなかったり、息が足りていても強い力みでリードの振動を止めていると、音が十分出なくなります。

音が出ないのを補おうと指が力んでしまいます。キーをたたいたり楽器を握っても音は出ませんよね。「音は息で出す」という基本を思い出し練習してみましょう。

・必要な指の力を把握できていない
ただ指の力を抜くと思うだけでは曖昧で漠然とし過ぎ、身体はどれくらいの力を使えばいいのか迷ってしまいます。

指の力加減や動きを観察し、そもそも音を出すにはどれくらいの力や動きでトーンホールを塞いだりキーを押さえればいいのか研究してみましょう。

・指の動きと音楽が分離している
音楽を無視して、指を機械的に動かしていると力みは抜けづらくなります。指の動きと力加減は音色や音質、微妙なニュアンスなどに大きく影響しています。

それを踏まえて、このフレーズを吹くときはどれくらいの力加減がいいのか?どんな動きがふさわしいのか?この速いパッセージではどれくらい軽く動かせばいいのか?など音楽と指を連動させて考えてみましょう。


手が小さい、指が細い、楽器に慣れていないなどはまた別の練習方法がありますが、一通り吹ける方には有効な方法だと思います。

すぐちょうどいい力加減にはならないし、これまでのクセがすぐ顔を出してくると思いますが、少しずつできるところから。指だけにフォーカスのはやめて「身体全体で今いる空間を意識しながら」とにかくゆ~っくりのテンポで練習してみましょう(^^)





♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/






小指が動かない原因は別のところに?!小指の動きがうまくいかないとき、試したいこと

以前小指の動きを改善するために試したいことを2記事書きました。(読んでない方はこちらを先に読んでみてください)

小指が突っ張って動きづらい、キーが動かしづらい方へ

小指重心にしてもうまく構えられない方へ


これらでうまくいく方はOKですが、あまりうまくいかない方はここをギュッと握っていないでしょうか?

FullSizeRender

親指と人差し指です。ここでトーンホールを「ギュッ」と押さえていたり「ギュッ」と握って楽器を支えていると、小指に重心を移そうとしても親指と人差し指側に引っ張られてしまい、うまくいかないんです。

普段から「物を持つ」「つまむ」などで力を入れて使う指だけに、楽器の時にもギュッと握るクセが出やすいのです。

「ギュッ」に気が付いたら、人差し指は「トーンホールからすぐ指を離せるぐらいの力加減」に変えてみましょう。

右親指は「指かけを乗せ楽器を支えるだけ」左親指は「トーンホールとレジスターキーを押さえられれば十分」です。そのうえで小指に意識を持っていきます。

うまくいかない原因が小指ではなく、違うところ潜んでいることも結構あります。小指をもっと快適に動かしたいとき、ぜひ試してみてください(^^)/





♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/







【動画】指の動かし方で音が変わる!~ローズ32のエチュードより

こんにちは!豊永よしこです。

10月27日のグループレッスンにちなんで、ローズ32のエチュードの吹き方の記事を書いています。
今日は指の動かし方、力の入れ方で音楽が変わることを動画でご紹介したいと思います。
お題はこちらです
image

ローズ32のエチュードの1番の4~5小節目です。(譜面では5小節目は映っていませんが、動画では吹いています。)携帯で簡単に撮ったので、どこまで参考になるかわからないのですが…


まず1つめ。指をバタバタ動かしてみました。
 
滑らかさがイマイチで、デコボコして聴こえます。 吹く前から力んでいるので、発音にも雑音がはいっています。



2つめ。普段の2~3倍指に力を入れてみました。


音の響きがもうひとつ。特に後半は音がつぶれて聴こえます。




3つめです。 音楽の流れを考えてみました。

指をなめらかに動かすことができて、音も響いて聴こえます。


いかがだったでしょうか?指の動かし方が変わると音や音楽の流れも変わってきます。考えかたも大きな影響を与えます。自分はどんな音楽を奏でたいかな?と考えて色々試してみると面白いと思います(^^)/




グループレッスンでは、音楽に合った指の動かし方、自分のやりたいことに近づくための考え方、身体の使いかたをレッスンします。お席残り3名です。
10月27日(金)
『身体の使いかた、考えかたで音楽が変わる!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!    


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村







小指をもっと自由に!いつでもできる簡単エクササイズ

aa6d10572ef6d6db4990dcdf40cf2a0b_s

 こんにちは!豊永よしこです。
楽器演奏にかなり重要な役割を果たしている小指。いつも思い通りにならない、もっと動けばなあ~と思っていませんか?

今日はヒマな時にいつでもできる、簡単で効果的なエクササイズをご紹介します。


片方の指で小指の動きを補助しながら、指先の関節から順番に、ゆっくり曲げたり伸ばしたりします。痛みや違和感があったらやめてください。

手のひらを上だけでなく、向きを変えてもやってみてください。時間のある時は、全部の指でやってみましょう。

慣れてきたら、こんな事を考えながらやってみましょう。
・指の周辺も視野に入れる
・身体全体を考えながら
・指先は手首、ヒジ、肩、背中~全身に繋がっている事を思い出す
・関節の1つ1つにスペースがある事を思い出す


この動きをしているうちに、存在が希薄な小指が認知されてきます。動きの悪い部分って、普段からあまり意識されていない事も多いのです。意識される事によって、脳からの指令もとどきやすくなる気がします。

レッスンでも時々やってもらいますが、指が繊細に動かせるようになったり、キーに指が届きやすくなったり、指の突っ張りが緩和される方が結構います。

簡単すぎて拍子抜けするくらいですが、効果は結構あります♪よかったら試してみてください(^^)




レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村







楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場