クラリネット♪本来の自分で吹いてみよう~藤崎クラリネット教室ブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。効率的で心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「音を響かせたい」「思い通りに吹けるようになりたい」
こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪情報満載!月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

カテゴリ:上達のヒント >

aa6d10572ef6d6db4990dcdf40cf2a0b_s

 こんにちは!豊永よしこです。
楽器演奏にかなり重要な役割を果たしている小指。いつも思い通りにならない、もっと動けばなあ~と思っていませんか?

今日はヒマな時にいつでもできる、簡単で効果的なエクササイズをご紹介します。


片方の指で小指の動きを補助しながら、指先の関節から順番に、ゆっくり曲げたり伸ばしたりします。痛みや違和感があったらやめてください。

手のひらを上だけでなく、向きを変えてもやってみてください。時間のある時は、全部の指でやってみましょう。

慣れてきたら、こんな事を考えながらやってみましょう。
・指の周辺も視野に入れる
・身体全体を考えながら
・指先は手首、ヒジ、肩、背中~全身に繋がっている事を思い出す
・関節の1つ1つにスペースがある事を思い出す


この動きをしているうちに、存在が希薄な小指が認知されてきます。動きの悪い部分って、普段からあまり意識されていない事も多いのです。意識される事によって、脳からの指令もとどきやすくなる気がします。

レッスンでも時々やってもらいますが、指が繊細に動かせるようになったり、キーに指が届きやすくなったり、指の突っ張りが緩和される方が結構います。

簡単すぎて拍子抜けするくらいですが、効果は結構あります♪よかったら試してみてください(^^)




レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村







こんにちは!豊永よしこです。
今日は半音階で使う指づかいです。意外と知られていないようなので、書いてみたいと思います。
image

矢印の音、どの指づかいで吹いていますか?「シ」と「ファ♯」です。半音階で使う場合は、上行下行共にこの指で吹きます。
2017-07-07-18-55-47

この指づかいの方が、なめらかに素早く動かせるんです。音の変わり目に違う音も入りにくいいです。

また、この指づかいは安定した音が出るので、メロディーをキレイに繋げて吹きたい時にあえて使う事もあります。

ちなみに2段目3拍目の高い「レ♯」も、中指の代わりにこの指を使います。


指づかいで一番最初に習うのは、これですよね。
2017-07-07-18-56-01


この指づかいは、こんな音階の時に使います。
image

この指づかいの方が滑らかに動かせませすよね。


たいてい1つの音に何種類かの指づかいがあります。使い分ける事で、指の動きが良くなったり、滑らかにつなげやすくなったり、音が良くなったりと色々よい事があります。

楽器を買った時に付いてくる運指表や、こんな本でベストの指づかいを探してみましょう。
角田 晃

その時々に合った指づかいを使い分けることで、演奏の質が上がってきます。ぜひ少しずつ色々な指づかいを覚えてほしいなと思います(^^)




レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村






こんにちは!豊永よしこです。
今日は、右横キー(正面から見ると左横です)の押さえ方についてです。一番下のキーは良く使いますね。上3つもトリルや替え指で使います。

楽に素早く、確実に押さえる方法!
今回提案したいのは、腕や指の動かし方。キーを押さえる時は、こんな感じに動かしますよね。
image image

この時私が考えているのは、キーをしっかり押さえよう!ではなく
ヒジから腕を回転させようという事。(手首ではありません。手首は回転しないので念のため)
image
キーを押さえよう、と頑張りすぎると、力みで動きが鈍ったり、楽器が斜めに傾いてしまう事もありますが、押さえたいキーを決めて、動きの事を考えれば、自動的に指はキーに届きます(^^)
動きのプランとしては「ヒジから回転」だけでなく
「手のひらを水平に」
「小指リードで腕を回転させる」
「右手親指を支点に回転」
などがあります。
色々試して、自分でもプランを考え、ピンと来たものを採用してみてください。

また「ヒジから回転だけじゃ一番上のキーに届かない!」という場合は、これも思い出してみましょう。
2017-06-14-12-37-02 2017-06-14-12-37-16
親指と人差し指の間は広げる事が出来ます。この広がりを使うと、ほとんどの場合、一番上のキーまで届くようになると思います。

広がるのは指の股からではなく、手首のあたりからです。
image
良かったら試してみてください!また、この動きをスムーズにするには、頭と身体全体がバランスして動ける状態である事が大事です。

また、こちらの記事に書いた「3点バランス」もとても関係してきます。
      
部分的な練習をする時も、身体全体。ヒジや指だけでなく、その動きに合わせて身体がバランス&微妙に動く事を許してあげましょう。ぜひ試してみてください(^^)



レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村     
    
    
    
    
    
    
   


こんにちは!豊永よしこです。
付けるつもりはないのに、アクセントが付いてしまう事、ありませんか?
アクセントは、主に息や舌を微妙にコントロールして付けますが
それ以外でもアクセントが付いてしまう場合があります。
たとえば、こういうところ↓
モーツァルト

モーツァルトのコンチェルト、第2楽章の冒頭です。
天国から流れてくるような美しいメロディーですが
赤い矢印の所は無意味なアクセントが付きやすい音です。

そこは、指をバシッと叩きつけてしまいやすい所。
ドーファーララソファー(バシッ!)
・・・ソードレ(バシッ)ラ
ドー(バシッ)ミレード(バシッ)ドー
・・といったように、
バシッと指を動かしてしまうと、影響が音にも表れて
アクセントが付いたように聴こえてしまいます。
この音は、アクセントいらないですよね。

バシッと叩くように動かしがちな指は人それぞれですが
右手と両方の小指がバシッとなっている方が多いです。

自分の指の動きはどうなっているかな?と
鏡を見て観察してみてください。
また、息が足りなかったり、アンブシュアの変化が足りないと
それを指で補っている場合もあります。
指の動きのクセに気付いたら、トータルで吹き方を見直してみましょう。
メロディーの滑らかさがワンランクアップすると思います(^^)




レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





↑このページのトップヘ