クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

指の動かしかた

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

苦手なキーを確実に押さえられる!考え方と身体の使い方の基礎&練習方法

FullSizeRender
これらのキー、押さえたつもりが外れたり位置がズレたり、タイミングが合わなかったり…困ったことが結構あると思います。

今日はやみくもに練習して慣れるのではなく、確実に押さえられるようになるための考えかたと身体の使いかたの基礎と、思い込みを見直す提案、練習方法を書いていきたいと思います。


【考え方と身体の使い方の基礎】

1.機械的に押さえるのではなく
「その音を出すと決めて押さえる」

この意識があるのと無いのとでは雲泥の差が出ます。決めて押さえたら「押さえられてるかな?」と確認しなくてもOK。動作の確認は力みに繋がります。


2.おなじみ
「楽器を上下の歯(頭)と右手親指でバランスを取る」

これができていると指の自由度が格段に上がります。





【指に関する思い込みを見直してみる】

1.指はかなり動けることを思い出す
普段の構えている場所からキーが遠いと感じていると難しく思えてしまいますが、指は予想以上に動けるんです。動画はまだおとなしい動き。キーを飛び越えて大きく動くこともできます。




2.指からキーまでの距離を確認

キーが遠いと言っても、いつもの構えている位置から数ミリ〜数センチです。冷静に考えると意外と近いんですよね。


3.指を固めて待機させなくてもOK
次の動作にすぐ移れるように動きは少なく、と思うと逆に指が固まり逆効果になることも。

「指は自由に動ける、動けるから次の動きにすぐ移れる」と思いながら動かしていると力も抜け動きも小さくなってきます。固めて動きを小さくせず、自然な変化を待ちましょう




【2つの練習】

・鏡を見ながら位置を確認する

指を直接見ようとすると姿勢やアンブシュアが変わり別の問題が出てしまいます。動きを確認するときは鏡を見ましょう。指だけでなく身体全体も視界に含めながら冷静に観察します。

・手探りでキーの場所を覚える
実際の演奏では鏡を見られないので、鏡で確認したら鏡を見ないで指先と身体の動きでキーの場所を覚えましょう。急ぐとミスが増えて非効率的です。文字通り「手探り」でゆっくり。慣れてきたら徐々にスピードを上げます。


苦手と感じるときは、基礎を端折っていたり、苦手意識が邪魔をしていたり、練習方法が違っているのかもしれません。

今よりもっと動けるし、確実に押さえられるはずです。本来の力を信じて丁寧に練習してみてください。きっと良い結果に繋がると思います(^^)/


立ち方座り方、構え方で指の動かしやすさも変わります。意識改革のきっかけをつかみませんか?お席残り3名です。




クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。





左手親指が動かないときは、これを思い出そう♪

今日は左手親指の動きについて。思うように動かなくて失敗すること、ありますよね。

お題はこちらです。「シーファ」の動きをみていきます。
FullSizeRender

レジスターキーから親指を素早くずらす動きがポイントですが

・動きが遅くなりタイミングがずれる
・「ファ」に不時着してしまう
・リードミスが出てしまう
・リズムが転んでしまう

などなど…色んなことが起こりがち。これは練習不足でも起こりますが、もっと根本的な原因があります。ちなみにこれ、気にしていますか?



「シーファ」の手前での楽器の支え方



「シーファ」の手前で指に力が入りすぎ指で楽器を支えていると、思うように動かなくなってしまうんです。サッと動かそうにも楽器を支えているんですから、当たり前ですよね。超重要な楽器の支え方、思い出しましょう!



「上下の歯(頭)と右手親指でバランスを取る」です。



「上下の歯(頭)と右手親指」で楽器が支えられていれば指は自由になるので、一瞬で「シーファ」に跳躍することができます。


できないときは細かい指の動かし方などが気になってしまいますが、真っ先に思い出したいのは超基礎。楽器の支え方は何度も書いているテーマですが、これからも何度も書きますね(^^)/

さっきのお題はこちらのエチュードから。音大入試にも使われている鉄板エチュードです。
楽譜 カヴァリーニ/30のカプリス(50012320/ER1202/クラリネット教本/輸入楽譜(T))
楽譜 カヴァリーニ/30のカプリス(50012320/ER1202/クラリネット教本/輸入楽譜(T))





「とりあえず試してみよ~」がこれからの時代のスタイル(^^)



交換日記や文通のような楽しさがあるかも(交換日記世代です)



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。





指のバタバタが直らないときに注目したいこと

5eae55f6b7c4451501e44374edcff267_s

指を動かすと大きくバタバタしてしまう、小さく動かそうとしてもすぐ戻ってしまうことありませんか?

指をバタバタ動かすと、レガートが滑らかに繋がらなかったり、思わぬところにアクセントが付いてしまったり、腕や手首が痛くなってしまったりといいことはありません。

指のバタバタをやめたいとき、何に気を付けていますか?「指を大きく動かさない」「楽器から1センチしか離さない」などでしょうか?

これでうまくいけばOKですが、うまくいかない場合は離す動きではなく「トーンホールを塞ぐ動き、キーを押さえる動き」に注目してみてください。

指が大きくバタバタするときは、例外なく塞ぐ動きや押さえる動きに余計な力が入っているんです。こんな動きしていませんか?


・指でたたくように「バシッ」と塞ぐ
・塞いだ後さらにギュッと押える
・音を確認するようにしっかり指を塞ぐ
・キーを押さえながらその指で楽器を支える
・楽器がぐらつくほどキーを勢いよく押さえる


塞いだり押さえるときに余計な力が入っていると、離す時にも力が必要になり「エイッ」と勢いよく離さないといけなくなるので、結果バタバタと動いてしまうんです。

塞ぐ動き、押さえる動きを見直していくと指のバタバタは改善されてきます。ですが根本には指以外の要因が絡み合っているので、指以外のことも改善していく必要があります。

改善の大ヒントは「息」「構え方」です。いつもブログを熟読されてる方はうっすらお分かりだと思います(^^)一人ではよくわからない方はレッスンにぜひいらっしゃってください。



※当ブログの情報は、私、豊永よしこの指導経験と研究から良いと思ったものをお伝えしているものです。他の先生や他の先生に習っている方を否定するものではありません。

クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


メルマガの過去記事が読めるようになりました!
https://note.mu/fujisaki_cla


クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。





【ミニ動画付き】自由な指の動きのためにできること

IMG_1878

指を自由に動かすために気をつけていること、ありますか?「力まない」「バタバタしない」「楽器を握らない」など、色々あると思いますが、今日はとっても大切なことを書きたいと思います。

指を自由に動かすには
「指だけでなく、身体全部が動ける」
身体の使い方をすること。

トーンホールやキーを押さえる時、指は色々な動きをしますが、その時、指が動くだけでなく、他の関節も動いていいんです。
 
指が動くと同時に手首、ひじの関節なども動いているのがわかると思います。1つの動きをすると、身体全体が繊細に動きます。

自由な指の動きには、自由な身体の動きが必要不可欠。
「どこが連動して動けるのかな?」
「自分で動きを止めてないかな?」
「フォームにこだわりすぎてないかな?」

鏡で自分の動きを観察してみましょう。そしていいアイデアが閃いたら実験のつもりで色々試してみましょう。できなかったことが簡単にできるようになるかもしれません(^^)/



★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/



楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com









どうしても指の力みが抜けないときに振り返りたい3つのこと

216734

指が力んでしまうとお悩み、かなりの頻度で耳にします。気を付けているのにどうしても抜けない、気を抜くと力んでいる…と力みを脱せない場合が多いようです。

なかなかうまくいかないときは、単純に指の力だけ抜こうと思っているのかもしれません。

指の力みは色々な原因が絡まって起こるもの。一見指に関係ないことが原因であることも多いのです。また、何を考えて吹いているかもかなり影響を与えます。

今日は色々絡まっている指の力みの原因のうち、よくみかける3つの原因を書いてみたいと思います。


・「音は息で出す」という意識が薄い
音はリードを息で振動させて出すものです。その息が足りていなかったり、息が足りていても強い力みでリードの振動を止めていると、音が十分出なくなります。

音が出ないのを補おうと指が力んでしまいます。キーをたたいたり楽器を握っても音は出ませんよね。「音は息で出す」という基本を思い出し練習してみましょう。

・必要な指の力を把握できていない
ただ指の力を抜くと思うだけでは曖昧で漠然とし過ぎ、身体はどれくらいの力を使えばいいのか迷ってしまいます。

指の力加減や動きを観察し、そもそも音を出すにはどれくらいの力や動きでトーンホールを塞いだりキーを押さえればいいのか研究してみましょう。

・指の動きと音楽が分離している
音楽を無視して、指を機械的に動かしていると力みは抜けづらくなります。指の動きと力加減は音色や音質、微妙なニュアンスなどに大きく影響しています。

それを踏まえて、このフレーズを吹くときはどれくらいの力加減がいいのか?どんな動きがふさわしいのか?この速いパッセージではどれくらい軽く動かせばいいのか?など音楽と指を連動させて考えてみましょう。


手が小さい、指が細い、楽器に慣れていないなどはまた別の練習方法がありますが、一通り吹ける方には有効な方法だと思います。

すぐちょうどいい力加減にはならないし、これまでのクセがすぐ顔を出してくると思いますが、少しずつできるところから。指だけにフォーカスのはやめて「身体全体で今いる空間を意識しながら」とにかくゆ~っくりのテンポで練習してみましょう(^^)





♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/






楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場