アレクサンダーテクニーク&クラリネット~藤崎クラリネット教室 豊永よしこのブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

教室ではアレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

初心者

こんにちは!豊永よしこです。
教室では初心者のレッスンは、とてもゆっくりペースで進むのですが
一通り音が出せるようになってくると
音階練習=スケールも取り入れています。

読んでいる方はここでおそらく
「え!どんな本がいいの?」「どんなスケールやればいいの?」と
思っているかもしれませんが・・・ここでは教えません(笑)

練習は、特に初心者の方は
「何をやるかより、どうやるか」 が大事だと思っています。
スケール教材も、先生に与えられたものを
ただ〇をもらうためにノルマ的にこなしては
慣れる事は出来ても、
身につかない、何の応用も出来ない、使えない体験となってしまいます。

教室では、1つのスケールは通して吹くのは数回
時間の多くは、スケールを吹く為の準備練習に費やしています。

練習でマスターしたいのは、脳と指がセットで働く事です。
ただ夢中で指を動かすのではなく、
「脳が指に指令を出して、指令通りに指が動く」
という事を習得してもらいたいと思っています。


その為には、脳と指が追いつける速さで
・読みながら音名を言う
・リズムだけ読む
・音名を言いながら指を動かす
・息を出しながら(音は出さない)指を動かす
・心の中で歌いながら音を出す
・見ないで覚えて吹く、等々
沢山の準備練習をしてもらっています。

ただスケールを吹く、というだけでも、
これだけの事を同時にしています。(まだあるかも)
・音高を読む
・リズムを読む
・読んだ音を頭の中で指使いに変換する
・テンポや拍子を感じる
・息を出す
・指を動かす
・音を聴く

これらを一気にやると混乱して失敗しやすくなり、
失敗経験が重なるとやる気が萎んでしまうので
一度にやる事は1つずつ、徐々にやる事を増やしていきます。

練習を繰り返していくと、脳がやるべきことを覚え始め
指に命令を出せるようになり、
結果指をコントロールして動かせるようになってきます。
そこまで行くと、テンポを上げたり、反復練習しても混乱しづらくなります。

何も考えずに反復練習、気合いでマスター!も好きならいいですが
そもそもどうして指が動くのか?から考えると
練習が効率的になりますよ。

慣れてくると、楽器を組み立てたら反射的に楽譜を見て吹く・・・となりがちですが
その習慣を一度ストップして
「今日は何をどう練習しようかな?」と考えてから練習すると
練習もより楽しくなると思います。
これは初心者だけでなく、キャリアのある方にもお勧めしたいです。
良かったら試してみてください(^^)






レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





こんにちは!豊永よしこです。
初心者の方や、ブランク明けで再開してすぐの方は、
つい夢中になり練習をやりがちです。
気持ちは吹きたくて仕方がなくても
身体が付いていかない事も多々あるのです。
無理をすると、悪い癖がついたり
身体に痛みが出てしまう事もあります。

どれくらい練習できるかは個人差がありますが
これらのサインが出る前に休憩する事をおススメします。

1.唇の端から息漏れ
2.肩が凝る、首、腰、背中が痛くなる
3.腕、手首、指が痛くなる
4.目が疲れる


もしこれらのサインが出てしまったら、休憩して
身体を動かしたり、楽器以外の練習(楽譜を読んだり音楽を聴いたり)をしましょう。
休憩して再開してもこのサインが出る時は
その日の練習は終わりにしましょう。

練習を長時間続けるには、ある程度の経験が必要です。
初心者の方、ブランク明けの方は特に
短時間を回数やる事をおススメします。
例えば、1時間あったらノンストップでやるよりも
10~15分練習したら5分休み、と分ける方が
練習効果が出ます。

楽器の上達で一番大事なのは、長く続ける事です。
無理なやり方では長続きしないどころか、
身体を壊してしまう事もありますので
慣れないうちは特に「ちょっと物足りないな~」で
休むように心がけてみてくださいね(^^)




10月10日・見学受付中です。
『基礎の基礎から見直してみよう!グループレッスン』






★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村

こんにちは!豊永よしこです。
先日、初心者のマウスピースだけの練習は
やらない方がいい、という記事
を書きました。
では実際初心者の方には
どういう事をしてもらっているのか
クラリネットが全く初めての方を例に書いてみたいと思います。

全く初めての方にしてもらいたい事はたった1つ。
「クラリネットに慣れる」です。

初心者の方の力みは
楽器に慣れていない事から生まれます。
とにかく「慣れる」事が上達への第1歩なのです。

・楽器の扱いに慣れる
・楽器を構えるのに慣れる
・楽器を構えて身体から息を出す事に慣れる

この3つ、経験者の方には簡単な事ですが
初心者の時はこの1つ1つが大変でしたよね(^^)

初心者の方には、
まず「組み立て」「リードを付ける」「スワブを通す」「分解してケースに収める」を
自分でして、楽器の扱いに慣れてもらいます。
扱いによっては壊れる事もあるので
組み立て方や注意する事を伝えながら一緒にやります。
一度で覚えられなくても全く構いません。
一度で覚えなければ!と意気込むと身体が固まります(^^)

そして実際に楽器を構えます。
口(前歯)と右手親指だけで支える練習をします。
ここでは音は出しません。アンブシュアもあまり気にしません。
最初は重たかったり、グラグラしてしまいますが
無理をせず少しずつ、出来る範囲でやってもらいます。

そして次は、軽くくわえて息だけをフーフー出してもらいます。
アンブシュアは最低限の事のみ。
この時も音は出さずに、構えた状態で息を出すのに慣れてもらいます。

勢いよく息が出せるようになったら
その勢いのいい息のまま音を出してもらいます。
ここでほとんどの方が音が出ますが
音が出なくても、ここでは構えて息を出すのが目的なので
息がフーフー出せていればOKです。

音が出た方は、出しやすい音から練習します。
呼吸の延長で吐き出した息で吹き
息が無くなったらおしまいです。
思ったような音が出なくてもがっかりする必要はありません。
一連の体験が蓄積され
水面下では良い音を出す準備が着々と行われているはずです。

これらの基本的な事をしばらく続け
余裕が出てきたら、技術的な事や身体の使い方や姿勢、構え等を
少しずつ伝えていきます。

楽譜を使うのは、数回レッスンをして、余裕が出て来てからです。
経験者の方はお分かりかと思いますが
何も見ない時は伸び伸びと吹けたのに、
楽譜を見て吹くと音が鳴らなくなったり、息が続かなくなったりと
いう事が起こりやすくなるんです。
初心者の方はよりその傾向があるので
すぐ楽譜に移行せずにのんびりと進めていきます。

とはいえこの辺り、いつ何をどう進めていくかがとても難しいのです(^_^;)
のんびりやりすぎても、急いでもダメ、ちょうどいい加減は
いまだにとても考えます。

また、忘れてはいけないのは休憩をマメに取る事です。
個人差はありますが、5~15分位吹いたら休み、スワブを通して
その都度リードの付け方などを復習します。
緊張して身体がカチカチになっている時は
自由に身体を動かしてもらったり、楽に構えられて身体が使える
身体の動きのエクササイズなどをしてもらいます。

このようにのんびりと、かつ注意深く
初心者の練習は進んでいきます。

沢山生徒さんを教えてきましたが
初心者の方を教えるのが一番難しいです。
部活では、クラ歴わずか1~2年で初心者を教えなくてはいけませんが
それ、かなりハードルの高い事をしているんですよ!
上手く教えられないと悩んでいる子は多いですが
出来なくて当たり前です(^^)

いまだに試行錯誤ですが、この記事が初心者を教えている方や
なかなか上達しなくて悲しい・・・と思っている初心者の方に
少しでも伝わると嬉しいです(^^)




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村

↑このページのトップヘ