アレクサンダーテクニーク&クラリネット~藤崎クラリネット教室 豊永よしこのブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

教室ではアレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

身体の使い方

こんにちは!豊永よしこです。
部活や楽団で
「もっとお腹で支えて!」と言われる事、多いと思います。
「お腹で支える」って何でしょう?何を意味しているんでしょうか? 

色々な解釈があると思いますが
私は「お腹の筋肉を使って楽器に息を吹き込み続ける」
という意味では?と思います。    
  
でも私自身は「お腹で支えよう」「お腹の筋肉を使って」   
という言葉はほとんど使いません。     

「お腹の筋肉を使ったから、息を吹き込める」というよりは
「息で音を出し続けようとした結果、お腹の筋肉が必要なだけ使われる」
と考えているからです。
  
これ、同じようで大きく違います。    
   

お腹にフォーカスした言葉を使っていると
こういう事が起こりやすくなります。
      
●お腹の筋肉が必要以上に使われる
息が吸いづらい、指やアンブシュアの繊細なコントロールがしづらい、疲れやすい
全身が縮んで固まり、窮屈になる、音量の幅が無くなる、気持ちの余裕がなくなるetc・・・
   
この繰り返しは身体の故障にも繋がります。
こういう事は起きてほしくないので
私はお腹の筋肉にはフォーカスせずこんな言葉を使います。   

「出したい音の為に、息を必要なだけ出し続けよう」


息にフォーカスした言葉を使って吹くと、
出したい息に合わせて
自動的に必要な力がお腹の筋肉に入ります。
   
私はそれだけでOKと考えています。        
      
曲の表現で必要なら、お腹の筋肉を意識する時もありますが   
それは通常モードではなく、臨時モードです。

私はアレクサンダーテクニークの学びの中で 
息の事、特に息の方向を思い続けるだけで   
頑張っていないのに必要な筋肉が使われ、音や動きが改善される経験を沢山したので
今はこういう考えに至っています。    
           
「お腹で支える」の意味が分からなかったり
お腹の事を考えすぎて上手くいないのなら   
実験のつもりで息にフォーカスした言葉、試してみてください(^^)





レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村




こんにちは!豊永よしこです。

練習では吹けたのに、本番や緊張する場面で
いざ真剣に吹こうとすると力が発揮できない・・・・という事、よくありますよね。

先日もレッスンの時、生徒さんが
楽器を出して慣らし吹きをしてから、オケのソロの練習をはじめました。
すると、慣らし吹きの時に出ていた響きが半分ぐらいになってしまい
別人の音になってしまいました・・・

いくつか原因が見えました。
・曲を吹くぞ!という気持ちの切り替えが身体が硬くしてしまった
・音符を吹くのに夢中で息を忘れてしまった
・難しい跳躍できるかな?という心配
・「p」の指示で口が締まりすぎてしまった
等々で、響きが減っていたようです

もっと本来の力が出せると感じたので
最初の慣らし吹きで何をしていたかを思いだしてもらい
(もっと音量を出していい、音は口で出すのでははなく、息でリードを振動させる)
吹いてもらうと、少しずつ最初の響きが戻ってきました(^^)


この生徒さんだけでなく、とてもよくある事です。
人間は環境や思考の変化で、簡単に別人スイッチが入ってしまいます。
こんな時、スイッチが切り替わるのを感じませんか?

・一人の時と、レッスンの時
・個人練の時と、合奏の時
・ゆったりした旋律の時と、早い複雑な動きをする時
・皆で吹いている時と「そこ一人ずつ!」と言われた時
・得意なフレーズの時と、苦手な高音の時 etc…

スイッチが切り替わるのは自然な事ですが
それが邪魔をしていたらもったいないですよね。
スイッチが入ったせいで上手く吹けないと感じたら、まずは観察。


スイッチが入った事で・・・
・視界はどうなったかな?
・息はどうなったかな?
・音は聴けているかな?
・首はどうなったかな?

観察して何か気づいたら、1つ改善してみます
たとえば
・楽譜を凝視していた→楽譜から少し顔を離してみる
・息が流れていない→息の方向を思い出す
・音が耳に入ってこない→自分の周りの空間を思い出して1音だけでも聴いてみる
・首が固まっている→首を楽に、頭が動かせるとお願いしてみる etc...

1つやると他の事も芋づる式に上手くいく事もあります。
やっているうちに、普段通りの力を出す為のコツが
分かってくると思います。
一気にではなく、少しずつ。
ちょっと出来たら即自分に「OK!」を出して、気持ちを上げていきましょう♪





毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村


こんにちは!豊永よしこです。
楽器の練習をする時は、何となくパラパラっと音出しをしてから
やりたい基礎練や曲の練習に入る人が多いと思います。

最初の「何となくパラパラっと吹く」が一番いい音で、身体も楽なの
にいざメインの練習や合奏に入ると、
力んだり、音が思うように鳴らなかったりという事、ありませんか?

これは私もいまだに時々してしまうのですが
よし吹くぞ!今日もいい練習しよう!と思うと
多くの人にある事が起こるんです。

それは「腰をキュッと反る」です。
ちゃんと吹こう、頑張ろう、と思うと
姿勢を良くしなきゃ!背筋を伸ばそう!と
特に座奏の時、こうなってしまうようです。
でも、腰をキュッと反るのは余計な力みを呼ぶことが多く
身体の色々な所に影響を与えます。
試しに反るのをやめてみてください。
吹くのが楽になったり、身体の動きが良くなり
音が楽に響いてくるかもしれません。

自分がどういう動きをしているかな?
それは必要な動きかな?必要ないかな?と
時々観察してみてください。
余計な動きかも?と思ったら試しにやめてみる。
やっぱり必要だな、と思ったら元に戻せばいいんです。
動きの探究は全て実験です。色々試してみてくださいね(^^)




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村

↑このページのトップヘ