クラリネット♪本来の自分で吹いてみよう~藤崎クラリネット教室ブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。効率的で心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「音を響かせたい」「思い通りに吹けるようになりたい」
こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪情報満載!月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

カテゴリ:上手くなる練習法 > 考え方

34d24076ead87f9565dfa6d066675da2_s

こんにちは!豊永よしこです。
レッスンでは、色々新しい事にトライしてもらいますが、トライした事ができても

「でもさっきの事が出来なくなっちゃった(^_^;)1つ出来ると1つ忘れちゃうんです」と生徒さん。

もしかしたらこんな風なのは自分だけなのかな(;_;)と思っている方がいたら・・・安心してください!全員そうです(私も含めて(笑)。どうも人間ってそういう風に出来ているようですね。

でも、さっき出来ていた事が上手くいかなくても、新しい事が出来た、という事実はスルーしないでほしいと思います。

例えば「この旋律では息の事をより思って吹いてみましょう」とアドバイスを受けて吹いた時、息の事は考えられたけど、それまで出来ていた所でミスってしまった・・・でも新しい事は出来たんですから、進歩ですよね(^^)

まずは新しい事が出来たという事をお祝い!次に出来ていた事と、新しい事を統合して練習して行けばいいと思います。

自然に統合して出来るようになるには、出来たり出来なかったりを繰り返しますが、それも上達あるあるです。そんな道のりを経て出来るようになってきます。

その時はなかなか進歩しないな~と感じても、振り返ってみたら結構出来るようになっているもの。

忘れちゃう、すぐ出来ないのはあなただけではありません(^^)いつも書いていますが、とにかく長い目で、練習していきましょう♪


 
レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村    
    
    
    
   


こんにちは!豊永よしこです。      
レッスンで、時々こんなやり取りがあります。            

生徒さんが一通り演奏した後
「今の演奏、自分ではどう思いますか?」
生徒さん「ココとココが出来ませんでした」
「じゃあ出来た所は?良かったところはありますか?」
生徒さん「・・・う~ん・・・ありません!」
       
いやいや、そんな事ないのですが・・・(^_^;)        
       
もちろんこれからの所もあるでしょう。               
でも、練習を続けているならば
良かった所、前より出来ている所はどこかあると思います。      
全然無いと感じても、いつも難なく出来るところはあるはずなんです。
その「できた」をスルーして「全部ダメ」としてしまっては
自分の力を正確に把握する事が出来ません。    

自分の実力を正確に把握するには、
出来ていない所だけでなく
出来ている所も同じように注目する。    

                             
理想に届いていないから「全然ダメ!」とバッサリするのではなく
前より少しでも良くなったところ、既にできている所にも目を向けてみましょう。       
これまでスルーしていたレベルの進歩や良い所も
細かく細かくみていくのがコツです。
OKレベルをグーンと下げるのです。

また、周りから褒められるところも素直に受け入れてみましょう。
「いや全然できてません」と跳ね返すのはやめて
ただ喜んで、喜びパワーを練習につぎ込んだ方が自分の為です。

理想への道も小さな一歩の積み重ね。       
ご存知の通り、結果が目に見えるまでには長い時間がかかります。
良いところに目をやらずにダメ出しばかりでは、
続ける事が辛くなってしまうと思います。

最初は慣れないかもしれませんが、これも練習です。
視野を広くして、自分の演奏を聴いてみましょう。
少しずつ本当の力が把握できてくると思います(^^)





 
レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村







       
        
        
        
       
3月20日「A管をもっと響かせてみよう!グループレッスン」
見学受付中です。
詳細、お申込みは
こちら


レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村                 
                
                
                
                
                
                
   

こんにちは!豊永よしこです。

管楽器は吹奏楽で始める方がほとんど。
部活で、難しい曲を厳しい指導を受けながら
数か月で仕上げる経験をした方がとても多いと思います。
何年もかかってマスターするテクニックを、
すぐ出来るようにしなさい!と言われる事もよくありますね。

でも、本来楽器が上達するペースはもっとゆったりしたもの。
数か月で結果を出すのは、実はとっても無理があるのです。

「なかなか上達しないし、出来たと思ったらまた戻っちゃった(>_<)」
良く聞きますが、楽器の上達においては、それが普通です(^^)


「あの子はすぐ出来るのに、私はなかなかできない(;_;)」
上達ペースは人それぞれ、全員同じように進むことはまずありません。

例えると上達するペースは、草木の成長のようなイメージ。
レッスンを受けたり、自分に合った楽器等を使うとペースは早まりますが
基本ゆったりペースは変わりません。


楽器は長く続けてこそ。長く続ける事で上手になります。


自分の上達が感じられなくて楽しくない時
周りが気になって落ち込んでしまう時は
本来の上達のペース、自分自身のペースを思い出してみましょう。

今は何でも時短で簡単に出来る事が増えているので
楽器も同じかも?と錯覚してしまうかもしれませんが
楽器の上達のペースに関しては、
おそらく何百年前とさほど変わらないのではないでしょうか?
楽器上達の本来のペース、自分自身のペースを大切に。
時々思い出してみてください(^^)









★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村






こんにちは!豊永よしこです。
何の疑いもなく、理由も考えずにしている色々な練習、ありますか?

メトロノームで速いパッセージの練習
ロングトーンを一定の長さで伸ばす
難しいパッセージをリズムを変えて練習
ゆっくりから少しずつテンポ上げる練習

・・・これはごく一般的にされている練習ですが
そもそもなぜしているかを考えてみましょう。

「先生に言われたから、皆がやっているから何となく」と思ってやるのと
「この練習、何の意味があるんだろう?何に良いんだろう?」と考えて
自分なりにやる理由を理解してするのとでは
効果がかなり変わってきます。


何となくやっている練習は機械的で
ただこなして筋肉活動をしているだけになりがちです。
でも、練習は筋トレではありませんよね(^^)

なぜ練習するのかというと
楽譜を正確に再現して作曲家の意図をあらわす為
自分がこう吹いてみたい、を実現する為ですよね。

そんな高度な芸術活動には
機械的にただ何となくの練習はあまりそぐわないんです。

例えば習慣化されているロングトーン。
なぜ拍を決めて吹くのかな?なぜ一息で吹くのかな?
なぜブレスの拍も決められているのかな?と練習する意味を考えてみましょう。
もっと違うやり方の方がいいかも?と思ったら
自分の良いと思うやり方に変化させてみましょう。

また、これはやっちゃダメ!と言われている練習も
理由さえはっきりしていれば効果があるものもあります。
やる意味がはっきり分かっているなら、タブーとされている練習法も
しばらく試す価値はあります。


何となく吹き始める前に、やる意味を考えてみる。
上手な人はそんなところから考えています。
部活や楽団の練習に向かう時間に、よかったら考えてみて下さい(^^)





レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村







こんにちは!豊永よしこです。
今日は、上達するための
「自分に優しいハードルの作り方」です。
たとえば、こんなスケールを練習する時
何を考えて吹きますか?
71aa5264-s

音が響くように、高音域の指使いを正確に
音の出だしと終わりを丁寧に、テンポに乗って・・・

などなど、いくつかの目標を掲げ
自分の吹きたい理想を思い描きながら吹いているかもしれません。
いくつかの事を同時に達成する・・・ハードル高いですね。
そして、吹き終わった時はどう思っていますか?
こんな風に思っていませんか?

・滑らかに吹けたけど、出だしがダメ
・高音域の指は出来たけど、リードミスが出ちゃった
・音色は良かったけど、ブレスが下手


「〇〇は出来たけど、〇〇は出来なかった。」


一度に沢山のハードルを設置すると、失敗する確率が増えます。
すると「〇〇できなかった」という印象が強くなり
出来た事をスルーしがち。
自分の価値を正確に捉えられなくなります。
自分の価値を下げてもいい事は何もありません。

いつも沢山の理想を掲げてるけど、いつまでも出来た気がしない
でも上手になりたい、という方は

目標を1つだけにします。

沢山やりたい事はあるけれど、その中でも1つだけ。
それもちょっと頑張ったら出来るものです。

そして、出来たら
「出来た!」で完了。

「でも・・・」は封印です(^^)
自分の理想まで届いていなくても
少しでも進歩の兆しがあったら「出来た!」でOK。
出来たら、それを定着させる反復練習をしたり
質を上げる為にどうしたらいいか考えたり
次に出来るようになりたい事に取り組みます。


出来なかったら、
「その時に出来る事はやった!」
努力の過程を認めてあげてください。

その評価法、甘すぎない?と思うかもしれませんが
結果がどうあれ、わざとサボらない限り
自分に出来る事をしたのは事実です。
そして、次やる時はどうしたら上手くいくかな?と
新しい作戦を考え、練習を続けます。

長く楽器を演奏したい人には
自分を認めて自分に優しく練習する事、本当に大事です。
短期間なら自分に厳しくでもいいかもしれませんが
楽器の上達は長丁場。
長く取り組むには自分に厳し過ぎると
疲弊してしまいます。

自分に厳しい人は
自分に優しくできない自分にダメ出ししそうですが
そこまで行くとコントですよね(笑)
ちょっとずつ思いグセに気づき、
自分に優しい方向に移行していきましょう(^^)



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!



★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村

↑このページのトップヘ