アレクサンダーテクニーク&クラリネット~藤崎クラリネット教室 豊永よしこのブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

教室ではアレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

身体の使い方

2017-09-15-13-32-00

こんにちは!豊永よしこです。
時々「レジスターキーの正しい押さえ方はありますか?」と聞かれることがあります。そんな時はこう答えます。

「動かしやすくトーンホールも隙間なく塞げていれば何でもいいですよ♪」適当に答えているわけではなく、これが真実なんです(^^)

ちなみに冒頭の写真は私の押さえ方です。生まれつき親指が反っているのでこのような感じになります。(これが正解ではありませんので念のため)

左手親指でレジスターキー、トーンホールを押さえるときのポイントは2つ。
・レジスターキーが素早く確実に動かせること
・トーンホールを素早く確実に塞げること
レジスターキーは面積をたくさん押さえなくても、キーが上下していれば少しの面積でOKです。

これをクリアするには、身体全体の使いかたが影響してきます。身体の軸(頭と脊椎)の協調作用が何らかの理由で妨げられていると、指にも影響が出るので、指が縮こまって押さえづらかったり、力んで動かしづらかったり、という事が起こりやすくなります。

また、同じ理由で楽器がうまく支えられていないと、左手親指も支えに参加することになり、継続的な力みが生まれます。



次によくある構えを2つ撮ってみました。
脇を締めて楽器を支え、身体の幅を縮めるように吹いていると、このような構えになることもあります。(何の支障も感じない場合は問題なしなので念のため)
2017-09-15-13-37-41




逆に肩が異様に上がっていたり、意識的に脇を空けるようにしていると、こんな構えにもなります。(何の支障も…以下同文)
2017-09-15-13-37-26



人により体格も姿勢も経験も違うのはご存知の通り。それによって構え方や押さえ方も微妙に変わってきます。もっといい構えがありそう、と思う方は色々研究してみましょう。

もちろん教室でもアレクサンダーテクニークの視点でアドバイスしていますので、わからない方はぜひいらっしゃってください(^^)/



レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村






こんにちは!豊永よしこです。
楽譜をジーッと見て吹くと、視野が狭くなるのに比例して身体が小さく縮んで、吹きづらくなったり、響かなくなったり、合奏で合わせづらくなる現象、何度かブログにも書いているのでご存知の方も増えてきたと思います。

今日は、じゃあ具体的にはどうしたら?と思う方へ・・・割といい画像ができました。(初心者レベルですが(´∀`*)


イメージとしてはこんな感じ。吹いている部分はピントが合っていて、吹いていない部分はボーっと視界に入っている感じです。

ここではさらに補助として、周りにピンクの付箋を貼りました。目立つ付箋がなんとなく視界に入っていれば、ジーッと見てしまうのをやめやすくなります。(もちろんもっと大きくて派手なものでもOK)

そして、見るときは「自分が楽譜を見にいく」戦闘態勢より「目を開けていたら楽譜のデータが入ってくる」受け身態勢のほうが、余計な力が要らなくなります。

とっても簡単にできるので、ぜひ試してみてください。「あ!ジーッと見てる!」と気づいたら、その都度新しいやり方に更新、少しずつ習慣を変えていきましょう(^^)/



おかげさまで満席となりました。キャンセル待ち受付中です。
9月18日(月・敬老の日)
『クラリネット奏者のためのアレクサンダーテクニーク入門ワークショップ』
詳細&お申込み


クラリネット個人レッスン、アレクサンダーテクニーク個人レッスン
お申し込みはこちら
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!    


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村   
   
   
   
  



793430

こんにちは!豊永よしこです。

アレクサンダーテクニークは、レッスンの時や楽器を吹いている時だけでなく、日常すべてが練習の場です。私も朝ベッドから起き上がるときから、朝食の用意をするときもアレクサンダーを実践するようにしています。(もちろん時々さぼります(笑)

その毎日の実践や、先生とのレッスンで気づいたことがあります。

なんと身体の超!重要なあの部分を忘れがちだったんです。必ず毎日使うところなのに無意識に使っていて、その結果動きが荒くなったり、余計な力が入って疲れやすくなっていたことに気づきました。




それは、指の先端から第一関節の部分。
image
ここは演奏にとても影響がある部分ですよね。ここの意識が薄いということは、動きのコントロールが甘くなってしまうということ。すると曲にふさわしい動きが難しくなってきます。

そしてこの部分の意識が薄いことで、身体の他の部分が頑張らなくてはならなくなり、力みを誘発してしまうんですね。

「あ~思い出せてよかった!!」と、日常の動きや、楽器の組み立ての時や演奏のときに指先から第一関節までの存在を思い出して動かしてみました。

結果はご想像の通り。動きが繊細になり、指の動きも楽になりました(^^)/指も長くなったような感じです。忘れていた身体の部分を思い出すだけで改善されることも結構あるんです。

指先から第一関節までを思い出す練習として、先日upしたこの動画も参考にしてみてください。


私もまだまだ伸びしろがあることが嬉しかったです♪よかったらぜひ実践してみてください。


9月18日のワークショップでも、この動画のようなワークをするかもしれません。
興味のある方はぜひいらっしゃってくださいね。

9月18日(月・敬老の日)
『クラリネット奏者のためのアレクサンダーテクニーク入門ワークショップ』
詳細&お申込み


クラリネット個人レッスン、アレクサンダーテクニーク個人レッスン
お申し込みはこちら
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村   
   
   
   
  




こんにちは!豊永よしこです。

身体全体で吹こう!と言われる事も多いと思いますが、たとえば首から下の身体はどれくらい意識できていますか?多くの方は、こんな意識になっているのでは?
赤い線から下が意識の中からキレイに消えていませんか?ウエストやベルトの位置から下です。

身体が固まっていたり、吹くのが大変そうな方は、赤い線から上だけで一生けん命吹いていて、赤い線から下の腰、お尻、足全体が意識にない事が結構多いのです。

ためしに赤い線から下があることを思い出し、頭のてっぺんから足の先までの身体全体が全部使える、全部動けると思って吹いてみましょう。かなりの確率で変化が起こると思います(^^)これは立っていても同じです。

難しいことをしなくても、ちょっとの意識で変わることって沢山あるんです。これもアレクサンダーテクニークからの提案です。よかったらぜひ試してみてください(^^)



クラリネットレッスンのお申込みはこちらから
アレクサンダーテクニークのレッスンも受付中です。

★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!    


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





548009

こんにちは!豊永よしこです。
フェイスブックで指かけ(サムレスト)の高さについてご質問頂いたので、私の考えを書いてみたいと思います。

最近の楽器の多くは、指かけの高さが調整できるようになっています。高さは、親指を乗せる位置と同じく、痛みや違和感が少なく、指が動かしやすい高さならどんな高さでも良いと思います。

どれくらいの高さがいいかは、体格、姿勢、構え方、手の大きさ、指の重心の取り方、動かし方のクセ、力み具合等によって決まってきます。姿勢や構え等を自分で調整するのはなかなか難しいのでここで多くは書きませんが、一番いいのはアレクサンダーテクニークの先生に見て頂く事です。

それが難しい場合は、自分で色々な高さを試してみますがこの時気を付けたいのは、指かけだけに気を取られずに身体全体、空間全体を思って吹く事です。

指かけだけに気を取られると、そこだけに神経が集中してしまい、どの位置でも違和感を感じてよく分からなくなります。

また調整する時は、違和感を探しに行かないようにしましょう。
重大な違和感は、身体の方から教えてくれます。…とはいえ、とても良い場合でも、大きな違和感が出る事もあるのでやはり自己判断は難しいと思います。

私がこれまで見せて頂いたケースでは、指かけの高さが故障や動かしづらさの原因になっている事はほとんどないように感じます。

多くの場合は、身体の使い方や、考え方のクセが原因ではないでしょうか?教室でも指かけの位置についてアドバイスしています。悩んでいる方がいらっしゃったらぜひレッスンで聞いてください(^^)





レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村











↑このページのトップヘ