今日は、上手くいかない時は「逆」をやってみよう、という提案ですが…実はこれをやるのはとても怖いです。自分の枠から出たくない人はここで読むのをやめた方が良いかも・・・

では、勇気のある方に提案したいとおもいます。練習では上手くいくのに、本番では上手くいかない
何度練習しても上手くいかないという時、どんな言葉が頭の中にあるか、観察します。そしてメモしてみましょう。
どんな言葉があるかが分かったらその逆を口に出して言います。そして吹きます。

たとえば
「間違わないように!」が頭の中にあって失敗しているなら
「間違ってもいい!」

「苦手なとこ来た!」なら
「得意なとこ来た!」

「上手いと思われたい!」なら
「どう思われてもいい!」


口に出すのがはばかられる場所なら心の中で逆の言葉をつぶやきます。簡単なようですが、逆の言葉をいざ言おうとすると、なぜか「ウッ」と言葉が詰まってしまうのです。

いつも同じ場所でグルグルにうんざりしたら、勇気を持って逆の事をしてみましょう。よかったら実験のつもりでやってみてください。私はこれで上手く行った方を沢山見ています。あなたにも何か起こるかもしれません(^^)




毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!



★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村