002977

本番で気になる事の一つにブレスがあると思います。ブレスは決めたところで吸いたい、と思う方がほとんどだと思います。

でも、本番では緊張でブレスが続かなかったり、沢山吸いたい所で固まって上手く吸えなかったり、あせって何回も吸い過ぎてしまったり、というハプニングもつきもの。

そんな時の為に、ブレスが上手くいかなかった時の「もしもの時の対処法」を決めておくと安心できます。理想とするブレスの位置とは別に、もしもの時どうするかをあらかじめ考えておくんです。

少ししか吸えなかったら?
⇒決めた場所の手前のフレーズの切れ目で吸う
⇒手前の長い音の後で吸う

あせって吸い過ぎて苦しくなったら?
⇒次の休符で余った息を吐く
⇒次のブレスでは吸わない

状況によってはスラーの途中で吸うのもアリです。最初のうちは決めた場所の前後に、もしもの時のブレスを薄ーく書いておきます。ブレスの取り方を考える事で、音楽をより理解する事も出来ますね。

もしもの時の安全策を決めておくと、緊張も少し和らぎます。不安材料を事前に無くしておくのも立派な本番対策。安心して本番に臨めるように、準備万端にしておきましょう(^^)






レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村