724957

先日のグループレッスンで、生徒さんにある事をやめてもらったところ、スムーズに音が出て、響きも良くなりました。今日はそれをシェアしたいと思います。

これは、多くの方が無意識にやっている動作です。本当に些細な動きなのですが、この動きが音を出しづらくしていたり、出だしを遅らせたり音の響きを抑えていることがあります。

それは、音を出す瞬間に、楽器を下げてしまう事。音を出す時、ベルを下げていませんか?

この動きをすると腕に必要以上の力が入り、肋骨(肺)の動きを邪魔してしまったり、胴体の長さを縮める原因になったり、動いた事で満足してしまい、必要な息が出ていなかったり…etc音を出す邪魔が沢山入ります。(この動きをしているからベルが下がる、という事もあります)その結果、音がスッと出ないので、必要以上に噛んでしまったり、力む事に繋がるのです。

音を出す時は、構えはそのまま。身体が長いままで息で音を出しましょう。時々ブログにも書いている息の方向(身体の中を息が通る方向。口から先の方向は考えない)で吹くと下げにくくなります。合図を出す時もベルを下げない方法を考えてみましょう。誰も気にも留めない位の些細な事ですが、かなり影響があるんです。ぜひ試してみてください(^^)






レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村