学生時代に先輩や先生に言われた言葉、大人になった今も縛られ続けていませんか?

「音が汚い」
「音程が悪い」
「指が回らない」
「歌うのが下手」 etc・・・

10~20代の感性の鋭い時代に言われた言葉は、心に深く刻みつけられ大人になっても呪いとなって今も苦しめられている方も多いと思います。

でも、静かに考えてみましょう。それはすでに過去の事ですよね。その当時はそうだったとしても、その後練習を続けていれば今はレベルアップして、その言葉は当てはまらないはずです。

また、その言葉は本当に本当の事だったのでしょうか?言葉を選ぶ習慣がなかったり、教える経験が少なくて何を言っていいかわからないから苦し紛れに口から出た言葉かもしれません。先生や先輩も人間です。ただのストレスのはけ口だったかもしれません。

尊敬できる先生や先輩であっても、完璧にあなたの事を気遣う事は出来ません。疲れていたり余裕がないときは不用意な言葉を発してしまう事もあります。

長い間心から離れず、苦しめられる言葉は今では当てはまらないかもしれないし、実は本当ではないかもしれないんです。

自分なりに向上心を持って練習を続けているなら、過去の言葉の呪いから自由になりましょう。
教室でもお手伝いをしますが、呪いを解くのは自分自身です。もう十分苦しめられてきましたよね?いい加減自分を解放してあげませんか(^^)





レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村