珍しく人間関係ネタです。自分の経験から思った事があったので、書きたいと思います。

職場や学校、楽団で苦手な人がいるとなかなか苦しいですよね。私も苦手と思うと、その場にいるのが苦しくなってしまいます。苦手をすぐ受け入れるのは難しいので、何かいい対策はないかな~と考えていました。

色々考えていて気づいたのですが、なんと私は、その人が苦手なのにもかかわらず、心の中でこんなイメージを持っていたんです。

Aさん Bさん Cさん
Dさん Eさん Fさん

(Cさんが苦手な人です)苦手なんだから気にしなければいいのに、自分でわざわざ目立つように位置づけしていたんです(笑)

目立てば気になるし、より影響を受けてしまいます。何をしてるんだろう!?と気づいて意識の中でCさんを他の人と同じ黒字に戻すと、苦手なのは変わらないのですが、あまり気にならなくなりました(^^)


これでまた気づいたのですが、楽譜の中で苦手なパッセージにグルグルと丸を付けるのも同じことかもしれません。目立たせてしまっているので、練習して出来たとしても、見た途端に身構えてしまいがちです。

私がお勧めしたいのは、要練習の箇所はこんな風に付箋で目立つようにしておきます。
b1e72a2c.jpg
出来るようになったら外します。


思わぬところに着地してしまいましたが、これも含めてよかったら試してみてください。ちょっと心の荷が軽くなるかもしれません(^^)




レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村