キーを押さえる時に小指が伸びて突っ張ってしまう方、結構いらっしゃいます。指の動きが悪くなったり、押さえるタイミングがズレやすいので、できれば避けたい形です。

「指が短いから、手が小さいから仕方ない」とあきらめている方、ちょっとこれを試してみてください。教室では、何人もの方の突っ張りが改善されました。小指の突っ張りだけでなく、楽器の重さで腕が痛くなる方にも効果があると思います。

小指が突っ張ってしまう方の構えには共通点があります。こんな感じです。
image
指全体がせり上がり、親指や人差し指のほうに重心がかかりすぎているんです。親指と人差し指のほうに重心が行きすぎると小指がキーから遠くなり、小指が突っ張ってしまいます。親指と人差し指で楽器を握っている人もいるかもしれません。



では改善方法です!重心を、小指側にも分散させます。
image
手のひらの角度を変えるつもりでほんの少し小指側にも重心を持ってきます。指だけを動かすのではなく、ヒジから回転させるように動かすのがポイントです。ほんのちょっとです。丁度良い加減を探してみてください。

小指を使う時はもちろん、使わない時も小指を意識するようにしましょう。意識する事で、他の指も動かしやすくなると思います。

手や指、体格は人それぞれなので全ての方に効くかはわかりませんがこれまで考えてきた中で、一番効果のあったアイデアです。良かったら試してみてください(^^)





★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村