「指かけは親指のどの辺に乗せるのが正しいですか?」と時々聞かれます。

結論から言うと、極端な話手首や腕に痛みが無く、楽器が安定して指が自由に動かせる位置ならどこでも良いと思います。(指かけが乗っている部分の痛みはある程度仕方ないです。チューブなどを付ける事で緩和されます)

ちなみに私はこの辺りです。
73355e16.jpg

私は元々親指が反っているので、反っているアーチの上に乗せています。アレクサンダーの先生には、
構造上は親指と人差し指は向かい合っているのでその形を勧められましたが試したところ、私はこの方が動きが良いのでこの形で吹いています。

親指が反っていない方は、親指と人差し指が向かい合った位置の方が良いかもしれません。その場合は、親指の側面に指かけが乗るような形になります。

指の長さ等だけでなく、全体の体格、身体の使い方などで位置が決まってくると思います。特に支障が無ければ、自己流で決めて構わないと思いますが違和感や痛みがある場合はアレクサンダーテクニークを学んでいる先生のアドバイスも得て研究してみてください(^^)




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村