IMG_2051
ご参加いただいたUさん(クラリネット愛好家)からご感想をいただきました!


「過去の体験から未来の予測するのをやめる」「感謝できることを考えてみる」という点にかなりハッとさせられました。

変な事をグルグル考えて自分の演奏を妨げてしまうより、自分が演奏できる事について感謝する事を考える事の方がよっぽど建設的だと気付きました。感謝する対象は本当にたくさんありますので、プラスの考えで頭を満たせそうです。


他の参加者の方がやっていることも取り入れようと思いました
他の参加者の方がオリジナルの緊張ほぐしのストレッチをやっていることがわかりました。今までは腰をひねるくらいしかやっていなかったのですが、なかなか気持ちよかったので自分も取り入れてみようと思いました。

また先生が教えてくださった、それらの動作を自分で実況しながらやってみることで動作に集中できることも知りました。本番前に固まってしまった時に少しでも意識をずらすことはかなり有効だと思いました。

また他の方の演奏を聴いて自分の自信がなくなってしまった時にも「それでも自分は自分なりに作ってきた音楽がある」と気持ちを切り替えられるようになったという他の参加者の方の話を聞いて、これは自分も取り入れたいと思いました。

他にも参加者から、舞台まで歩く際に「レッドカーペットの上を歩くのを想像しながら歩く」というアイデアが出ましたが、舞台に向かう際のヒントになりました。本番は自信たっぷりに入場できそうです。


「自分より上手な人に笑われてしまうのではないか」思考をやめる方法を知れました。
癖で本番前に「自分より上手な人に笑われてしまうのではないか」という妄想を出してしまうのですが、それを逆の発想で「妄想は自由だからプラスの妄想に置き換えてしまおう」というのがなかなか衝撃的で、これは是非やってみようと思いました。


お話を聞いたり、参加者同士で意見を出し合って共感したり学んだ後で、実際に演奏してみるというのがとても良かったです。

人前で演奏する事によって本番前中のシミュレーションができたのは大きかったです。普段レッスンや一人で練習している際には感じなかった緊張ポイントがわかったので、「ここで息が苦しくなるな」とか「普段できているのに人前だとここが難しくなるな」などが先にわかったので、本番までの間少しでも自分なりに対策していこうと思えました。

また全てが対策できなかったとしても、極限状態で自分がどうなるのかわかったので、事前に何が起こるか知っているだけで本番でのパニックはかなり抑えられると思います。

あと、久しぶりに対面でのグループレッスンはとても楽しかったです。少人数の上レッスン室が広いので距離も保てましたし、安心して受講できました。

オンラインでもかなり対面に近い感じで受講できますが、やはり実際同じ場にいるのは共感度が高いと感じました。また次も本番前にこのグループレッスンを開催して欲しいです。まだグループレッスンに参加した事がない方にもかなりおすすめしたいです。

ご感想ありがとうございました!この体験が発表会に役立つと嬉しいです。ぜひまた一緒に学びましょう!



クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com
 





★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。