FullSizeRender

こんにちは、豊永よしこ(とよながよしこ)です。最後は見学の方のご感想です。



【Iさん クラリネット愛好家】


★グループレッスンに参加しようと思った動機
グループレッスンの内容が「立ち方」「座り方」「構え方」で、ちょうどいま慣れていない立って吹くことが私の課題だったので、見学させていただくことにしました。アレクサンダーテクニークは受講経験があり、興味があります。


★今回のグループレッスンで新しく学んだこと、知っていたけどより納得したこと
速い指回しができないのがコンプレックスなのですが、受講生の方がアルペジオを吹かれたときの先生と受講生の方とのやり取りが参考になりました。

指先ばかりに意識や力を集中させない、腕の外旋内旋、関節の動き、ひいては全身の自由さを少しでも意識する、といったようなことだったかと記憶しています。


★レッスンで一番印象に残ったこと
・上記の指のこと

・キチンと吹かないといけない病(解説:きちんと吹かなきゃいけないに囚われてしまう状態、結果心身の動きの自由が制限されて逆効果になりやすい)

・肉じゃがの味付け(解説:すでにちょうどよくうまく行っているのに、それを自分でもっと感じようとやりすぎてしまう状態を料理に例えました)


★オンラインでしたが音の変化は感じられましたか?
はい、音の変化、わかりました。
今回の人数は良かったと思います。



ご感想ありがとうございました!レッスンの受講はありませんでしたが、見学だけでも色々学ばれたようでよかったです。人数についても私も今回の少人数が良いなと思いました。

「キチンと吹かなきゃいけない病」と「肉じゃがの味付け」問題は、たぶん9割の方がかかっているのではと思います。考えかた、思い込みから演奏が不自由になる典型的なパターンですが、これらもご本人がやめたいという意思があれば抜けられるものだと思います。

でも「キチンと吹かなくていい」「適当でいい」ではないんですよね。まずは自分の本当の望みをはっきりさせるところから。そこから始まります。

私もこのパターンにはまっていた一人ですが、意識的に演奏することでここからかなり自由になれました。(無意識だとあっという間に前のパターンに戻ります(苦笑)

ご感想の紹介は以上で終わりです。快くアンケートにお答えいただきありがとうございました(^^)/



8月1日のメルマガでも少し書いています。
★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com




クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。