FullSizeRender
これらのキー、押さえたつもりが外れたり位置がズレたり、タイミングが合わなかったり…困ったことが結構あると思います。

今日はやみくもに練習して慣れるのではなく、確実に押さえられるようになるための考えかたと身体の使いかたの基礎と、思い込みを見直す提案、練習方法を書いていきたいと思います。


【考え方と身体の使い方の基礎】

1.機械的に押さえるのではなく
「その音を出すと決めて押さえる」

この意識があるのと無いのとでは雲泥の差が出ます。決めて押さえたら「押さえられてるかな?」と確認しなくてもOK。動作の確認は力みに繋がります。


2.おなじみ
「楽器を上下の歯(頭)と右手親指でバランスを取る」

これができていると指の自由度が格段に上がります。





【指に関する思い込みを見直してみる】

1.指はかなり動けることを思い出す
普段の構えている場所からキーが遠いと感じていると難しく思えてしまいますが、指は予想以上に動けるんです。動画はまだおとなしい動き。キーを飛び越えて大きく動くこともできます。




2.指からキーまでの距離を確認

キーが遠いと言っても、いつもの構えている位置から数ミリ〜数センチです。冷静に考えると意外と近いんですよね。


3.指を固めて待機させなくてもOK
次の動作にすぐ移れるように動きは小さく、と思うと指が固まり逆効果になることも。

「指は自由に動ける、動けるから次の動きにすぐ移れる」と思いながら動かしていると力も抜け動きも小さくなってきます。固めて動きを小さくせず、自然な変化を待ちましょう




【2つの練習】

・鏡を見ながら位置を確認する

指を直接見ようとすると姿勢やアンブシュアが変わり別の問題が出てしまいます。動きを確認するときは鏡を見ましょう。指だけでなく身体全体も視界に含めながら冷静に観察します。

・手探りでキーの場所を覚える
実際の演奏では鏡を見られないので、鏡で確認したら鏡を見ないで指先と身体の動きでキーの場所を覚えましょう。急ぐとミスが増えて非効率的です。文字通り「手探り」でゆっくり。慣れてきたら徐々にスピードを上げます。


苦手と感じるときは、基礎を端折っていたり、苦手意識が邪魔をしていたり、練習方法が違っているのかもしれません。

今よりもっと動けるし、確実に押さえられるはずです。本来の力を信じて丁寧に練習してみてください。きっと良い結果に繋がると思います(^^)/


立ち方座り方、構え方で指の動かしやすさも変わります。意識改革のきっかけをつかみませんか?お席残り3名です。




クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。