1877003

先週、母校Bodychanceでアレクサンダーテクニークのグループレッスンを担当しました。前回は自粛直前だったのですが、自粛をへて学校は変わっていました!

スタジオの生徒さんと、液晶大画面に映るオンラインの生徒さん両方の世界を行き来し教えるという、数か月前では考えられなかったスタイルに変化していたのでした。なかなかハードル高かったです。(そのせいか写真を撮るのを忘れました)

レッスンは生徒さんのやりたいこと、探求したいことにアレクサンダーを使う実践で進んでいきますが、望みは1つとして同じものはありません。

「マスクで楽に呼吸したい」「本の内容を頭に入れたい」「腕の疲れをなんとかしたい」「教え方を探求したい」「雑音なく声を出したい」「リュックを楽に背負いたい」などなど…本当に様々。それぞれ原因は別々に見えます。

別々に見えますが、全てATの基本に立ち戻ると変化が起こってきます。頭と脊椎の協調作用が働き身体の動きに自由が戻ってくると、身体が本来の力を発揮し始め、やっていることの質が変わってくるのです。


楽器も同じです。「指が~舌が~ブレスが~音が~バテが~‥etc」一見全く違うにお悩みも、身体の使い方の基本に戻り練習していくと、あっけなくしかも複数のお悩みが同時に解決してしまうことがよくあります。

部分的なことをいじると研究してる感はあるのですが、頑張った割には結果はイマイチなんですよね。

教室では基本に戻ることを沢山やります。これはクラ歴半年でも数十年でもプロもアマも同じ。時には音を出す以前の楽器を手にする過程に戻ることも(ここまで戻るのはアレクサンダーならでは)。

一見遠回りで何をやっているか分からないように感じるかもしれませんが、実は近道を通っているんです。興味のある方は体験してみてください(^^)/

クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


日米食べ比べ(^^)
FullSizeRender



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。