リードをしばらく吹いてみて「ちょっと厚い、固い」「ちょっと薄い、やわらかい」と思ったとき、替える前にこれをやってみてください。


1.リードを付ける位置をほんのちょっと調整する
リードの位置を0.1~0.5mmぐらい上か下に付けかえます。
上に付けると少し抵抗のある吹奏感に、下げると抵抗感が減ります。


2.リガチャーを付ける位置を変える
リガチャーを付ける位置を上げると抵抗感が減り、下げると抵抗感が増えます。リガチャーによって動かせる範囲は変わりますが、私のリガチャーではこれくらい動かせます。

上限。リガチャーがずり上がらない位置まで。
FullSizeRender


下限。リードのふちギリギリまで
FullSizeRender

動かせる範囲はリガチャーによって違うので、色々試してみましょう。

気付かれた方もいると思いますが、要はリードが振動する面積を調整しているんです。振動する面積が広いと抵抗が増え、狭いと抵抗が減ります。(まれに例外もあり)
FullSizeRender

この調整をしてもイマイチな時もあります。そんな時は潔くリードを変えましょう。意外と知られていないようなので書いてみました。参考になれば嬉しいです(^^)/



体験受付中!






このブログについて

★豊永よしこ プロフィール


リード、頼んだらすぐきました!ほんとにありがたい…初めて吹く番手を頼んだのでドキドキ…
FullSizeRender




★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。




このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。