1058479

望み通りの演奏をするには、考えて吹くことがとっても大事です。

でも「何も考えない方がうまく吹ける。色々考えるとうまく行かない」というお話も時々聞きます。なぜ考えるとうまくいかないのでしょうか?

うまくいかないときはこれらのパターンにはまっているのかもしれません。

・必要なことより必要ないことを多く考えている

・考える量が多すぎる、少なすぎる

・考える速度が速すぎる、遅すぎる

・考えるタイミングがずれている

・否定形の言葉で考えている

・考えたことが出来たかの確認をしている

・考えて吹くこと自体に慣れていない

・考えて吹いた結果が新しすぎて受け入れられない(変な感じがするので却下してしまう)

・理想が高すぎて、ちょっとの変化をスルーしている


考える習慣がない方にとっては考えて吹くのは慣れない体験です。慣れていないからすぐうまくできないし、新しいことだから色々なことが起こります。

何にも考えないで無意識にできちゃえばいいのに…と思うかもしれませんが、それは考えて吹く練習の先にあるもの。

教室では、楽器の吹き方だけでなく「何をいつどれくらい考えるか」も練習します。ある意味脳内改革。沢山練習してるのに結果が付いてこない方には特に必要なスキルかもしれません。レッスンで身に付けてみてください(^^)/




このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。