真剣に楽器に取り組んでいると「正しい奏法ってなんだろう?」「上達しないのは吹き方が間違ってるから?正しい吹き方をすればもっと上手になるのかもしれないと正解を探したくなります。レッスンに来る方も、とても意識が高いのでそういう方が多いのですが、でも「正しい○○」をしようとしている方を観察しているとこうなっている事に気付きました。

『正しい』をしようとしている人は固まっている

正しいやり方をしようと吹いている人は、身体や目線が固まって動きが悪くなり、音の響きが乏しなったり、音楽が小さくまとまってしまったりと逆効果となっていることがとっても多いんです。まるで「正しい」の鎧でガッチリ固められているようです。


アレクサンダーテクニークでも同じで「正しい歩き方、正しい姿勢、正しい頭と脊椎の関係はこうかな?」と「正しい」を追い求めると逆に固まります。

先日のアレクサンダーテクニーク合宿でもAT教師のキャシー・マデン先生が「やり方は3兆〇〇億〇千通り(無限に)あるのよ」と仰っていました。私も分かっていたつもりですが、先生のレッスンで「正しいアレクサンダーテクニーク」をしようとしている自分に気付き「自由に動きたいからATを学んでいるのに、ATが足かせになってる・・・!」とガーンとショックを受けました。


求めているのは正しい吹き方ですか?やりたい事が自由にできる吹き方ではないでしょうか?吹いている時はこの姿勢で、これくらいの息でこれくらいのアンブシュアで・・・と決まっていれば正解を探せばいいと思うのですが吹き方は人によって違い、しかも変化し続けています。

「正しい吹き方で吹こう」と固まってしまうなら、これまで習った事や積み重ねてきた事は一度忘れて
自分の好きなように、好きな姿勢で、自由に吹いてみてください。
何が起こるでしょうか?真剣に上手くなりたい方にぜひ試してもらいたい事です(^^)




レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村