指を上げているときはすぐトーンホールが塞げるように、常に指を真上に待機させていなくてはいけない!と言われたり聞いたことありませんか?
確かにそれも一理あるのですが、これが動きを窮屈にさせている可能性もあるんです。


ちょっと撮ってみました。「シーラ」の動きです。親指に注目してみてください。

「シー」
FullSizeRender


「ラー」
FullSizeRender

人差し指の動きに連動して親指が斜め下に動いています。

もしこれを律義に親指をトーンホールの真上から動かさないようにしていたら、人差し指の動きも制限されてキーを押さえづらくなるかもしれません。

「動かさない!」「キープ!」でうまく行かないときは「動いていい!」「動いてみたらどうなる?」と実験してみましょう。

動きの自由さは音楽の自由さにもつながってきます。よかったら試してみてください(^^)/



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。