FullSizeRender

「速いパッセージはゆっくりから練習」は常識化していますが、ゆっくりから練習してるのに速く吹けない、あるテンポから速くならないと悩んでいませんか?

ゆっくりから練習するのは間違いではありませんが、やり方が違っているのかもしれません。

ゆっくりの時に指に力を入れ、音を確認するようにしっかり動かしていませんか?この動き方だとすぐ速さに限界がやってきます。

速い動きをするには「軽さ」「なめらかさ」が必要です。この動きの質をゆっくりの時から取り入れるのです。

いつもの半分ぐらいの力加減で「軽く」1つ1つの動きを繋げるように「なめらかに」動かしてみましょう。テンポが上がってきたらさらに「軽く」「なめらかに」。

このように練習していくと、仕上がりがかなり変わってくるはず。

ただ「速く動かす」から一歩進んで「動きの質にこだわる」。ぜひ試してみてください。

どうしてもできない時は根本的な身体の使い方が原因かもしれません。レッスンでもお手伝いします(^^)/


【募集中】
・10月12日『本番で力を発揮したい人のための実践的!グループレッスン』
・アレクサンダーテクニーク1000円体験

クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン



★豊永よしこ プロフィール



★無料メルマガ登録



★メルマガの過去記事が読めるようになりました



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。