03198cb6655f257b29c6e4ca788a006b_s

アレクサンダーテクニークを使ったレッスンをしていると、こんなことを思わずにはいられません。

「うまく行かないの本来の力が隠れているだけ。もともと出来る力を持っている」

やり方がちょっとずれていたり、大事なことを忘れていたり、力みで持っている力が出せていないだけなのではと思うことが多いです。これは特に長年楽器をやっている方、真剣に取り組んでいる方に感じます。

レッスンでは、本来の力を出すお手伝いとして、こんな声かけをしています。

「自分の外の空間はどうなっていますか?」
「ウエストから下はありますか?」
「演奏中も全身動けます」

一見演奏とは関係ないようですが、間接的に身体の使いかたが変わり、結果演奏にも変化が起こる言葉です。

まずはこの3つを個人練習の時に思い出してみてください。

「外の空間」
「身体全体」
「全身動ける」

夢中になって忘れていたことを思い出すだけ。何か変化を感じたり、逆に全く変わらなかったり、面白そう!と思ったり、もっと上達したい方はレッスンでお手伝いします。一緒に練習しましょう(^^)/



アレクサンダーテクニーク1000円体験は9月末まで!

クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。