人間の身体は持っている機能を発揮すると、ものすごい力を出してくれます。

アレクサンダーテクニークのレッスンで目を見張るような変化がよく起こるのは、アレクサンダーテクニークのアプローチで眠っていた身体の機能が目覚めるからではないかと思います。

今日は多くの方が身体の半分の機能しか使っていない、と言うお話。

「え!こんなに一生懸命吹いてるのに?!」と思う方もいるかもしれませんが、半分しか使っていないから一生懸命吹かなければいけないのかもしれません。

自分も含め色々な方の身体の使いかたを観察していると、身体の機能を半分しか使っていない場面に遭遇します。

それはトッププロも例外ではありません。「今もこれだけうまいのに、全機能使ったらどうなっちゃうのかな?」と感じる方もいらっしゃいます。

私たちは身体のどこを使っていないのでしょうか?私が観察していて気付くのは、ここです。
651894

脚(あしの付け根から下)です。ここを使えていないと、こんなことが起こりやすくなってきます。

・腰や背中が痛い
・首が痛い
・肩こり
・座奏なのに脚が筋肉痛
・息が入らない
・指の力みが取れない
・楽器がやたらと重い
・音量が出ない


などなど…

この状態から脱出するには、まずは脚の存在を思い出すことから。

床に足の裏、足の指が触れていること、椅子に太ももが触れていること。大きな関節から小さな関節まで沢山の関節があり、それらすべてに動けるだけのスペースがあることを思い出してみましょう。


頭があって

身体全体があって

脚があって

全部が動ける。


周りには動ける空間が広がっている。

その中で演奏したいものを演奏しつづける。


どんな変化が起こるでしょうか。よかったらやってみてください(^^)/




★豊永よしこ プロフィール



このブログについて


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。