速いパッセージを練習してもなかなか速くならない、テンポが保てなくて重くなってしまう方へ、今日は速いテンポに乗って吹くヒントを1つ書いてみたいと思います。

たとえばこのスケール、四分音符=60の時と100の時では何を変えますか?
FullSizeRender

指の動きをテンポに合わせて速くする。もちろんそうなのですが、忘れがちなとっても大事なことがあります。


「息の風速」です。


(息のことを表現する言葉が難しいのですが、ここでは息の風速と書きます。息のスピード、息の勢いなどイメージしやすい言葉で考えてください。)これをテンポによって変えていくのです。基本的にテンポと息の風速は比例します。なのでテンポ60より100の方が息の風速を速くします。

息の風速を変えていくときは、口元で調整して変えるよりも、胴体の筋肉で身体から出る息自体を変えていきます(例外もあり)。

息の方向は身体の中を通る方向と考えます(上または斜め前上)。この方向だと、自然と息の風速が早くなり、楽に吹くことができます。

テンポに合わせて息を変えていくと、速いパッセージではテンポに乗りやすくなり流れがよくなります。ゆっくりのテンポでは安定感が出て、走ったりテンポが不安定になることが少なくなります。

息とテンポのバランスが取れていると、吹きやすくなるだけでなく、音楽の流れも良くなるんです。

指の動きだけ頑張ってもうまくいかなかったり、メトロノームの奴隷になりかけたら息のことを思い出す!ぜひ試してみてください(^^)/




メルマガ6月1日号はアンブシュアについて沢山書きました。
登録はこちらから↓
無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。