1245190

クラリネットのアンブシュア、「アゴを張って唇を横に引いた微笑んだような表情が良い」などと言われていますが、実際どうなのでしょうか?

たとえば悪いアンブシュアの代表のように言われている梅干しアゴ(下唇の下の部分に梅干しのようなしわが寄るアンブシュア)。

これはリードを下の前歯で押さえるだけでなく(もちろん歯は下唇にかぶさっています)、下唇の下の筋肉(オトガイ筋など)もリードを押さえつけるように使っているとなる形です。

この吹き方は、リードの振動を必要以上に消してしまうので良くないのですが、骨格によって梅干しアゴになりやすい方もいます。

アゴが小さめで、口を閉じている時にアゴにシワが出来やすい方は梅干しアゴになりやすいようです。

骨格によってなりやすい方の場合は形ではなく、出ている音や息の使いかたなどを総合的にみて改善すべきかを判断します。

骨格によって梅干しアゴになっている方でも、うまくいっていれば梅干しアゴでも構わないと思います。

逆に梅干しアゴでなくキレイな形ても、リードの振動を消して音が詰まっている方は沢山います。

文句のないキレイなアンブシュアだから大丈夫とは限らないので、形で判断するのはほどほどにしておくことをおススメしたいと思います(^^)/



メルマガの過去記事が読めるようになりました。詳しくはこちらから。
http://clarinet.blog.jp/archives/32347858.html


※当ブログの情報は、私、豊永よしこの指導経験と研究から良いと思ったものをお伝えしているものです。他の先生や他の先生に習っている方のやり方を否定するものではありません。他の先生に習っている方はご自分の先生の指導方針に沿って練習していただきたいと思います。

豊永よしこ プロフィール



無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。