232859

タンギングの時に舌はリードのどの辺に付けていますか?リードの下の方?真ん中?上の方?先端?

結論から言うと、正解は人の数だけ&曲の場面の数だけあります。曲のどんな場面でも雑音なくクリアに音が出ていて、機敏に舌が動けていればどこに付けてもいいと思います。同じく舌のどこをリードに付けるかも人それぞれです。

マウスピースをくわえる深さや角度、舌の長さ、骨格、動きの機敏さは人によって違うので、先輩や先生と違って当たり前。上手な人がこうだから、正しい位置はここと言われたからと自分をそれに当てはめようとすると、無理な吹き方になってしまうこともあります。

ただ傾向としてリードの下の方に付けるよりも先端に近い方がクリアに音が出ることはあります。でも舌が機敏に動けていないと、あまりその効果は期待できないかなと思います。

舌の動きを機敏にするには、身体全体が動ける状態でいること…特に首、アゴが固まっていると動きが悪くなります。無理に音を出すような吹き方でも身体が固まりやすくなるので動きが悪くなります。アレクサンダーテクニークを使って練習するとタンギングは徐々にやりやすくなってきます。

あと、舌以上に大事なのは「息」!!

ブログでも何度も何度も息の大切さは書いていますが、タンギングでも息なんです。

舌を動かすので、どうしても舌にフォーカスがいってしまいますが、そもそもタンギングはリードの振動を舌で一瞬止める動作ですよね。まずはリードが充分振動していないと何も始まりません。

うまく行かないときは「舌」から少し遠ざかって「息」。息を出す意識で頭の中をいっぱいにしてリードを振動させ、タンギングしてみましょう。息を出すのも身体全体です。舌=身体全体の意識で練習をしていくと少しずつ変わってくると思います(^^)


無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。