547992

春は楽器購入シーズン。新入学に合わせて楽器を買う方、楽器を新調する方など沢山いらっしゃると思います。

これまでにも新しい楽器を買う時に気を付けたいことや、自分のものにしていく方法など書きましたが、今日は新しい楽器を鳴らすコツを書いてみたいと思います。

まず提案したいのは「楽器を鳴らそうと思って吹かないこと」

え!と思うかもしれませんが、楽器を鳴らそう鳴らそうと思って吹いているときは、十中八九無駄な力が入っています。

楽器は力で鳴らすものではなく、勝手に鳴ってくるもの。専門家が選定、調整した出処が確かな楽器であれば、コツをつかめば力まなくても鳴ってくるはずです。(時々ハズレはありますが例外です)

新しい楽器を手に入れたけれどなかなか鳴ってくれないときは、この4つを頭の片隅に置いて練習してみてください。楽器を鳴らすことにフォーカスするよりも…

・息でリードを振動させる
・空間に響いている音を聴く

新しい楽器だと特に楽器に意識が集中し、一番大切な息を忘れてしまいがち。また、楽器の方に集中しすぎると身体が固まり意識も固まります。息や空間にも意識を向けて伸び伸びと音を出してみましょう。


・基礎の基礎を踏まえた奏法で吹く
・楽器の個性を探り、個性に沿ってみる

もともと無理な奏法で吹いていると、楽器が持つ本来の音が出なかったり、これまで吹いていた楽器と同じように吹くと、新しい楽器の良さが出てこなくなります。特別なことをするよりも基礎の基礎に忠実に吹いてみましょう。楽器の個性が出てきて、吹き方のコツがつかみやすくなります。


楽器の購入&育て方については、こちらもぜひ読んでみてください。

楽器を買う時に気を付けたい、たった1つのこと

楽器は買ってからがスタート!楽器の育て方



単発個人レッスンでも、基礎の基礎の練習、楽器購入、マウスピース、リードなどの相談OKです。楽器選定も承ります(^^)

クラリネットレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
  

メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。