1248988

このブログの前はアメブロで書いていたのですが、アカウントはそのまま残しているので「過去にこんな記事書いてますよ~」というお知らせが時々来ます。今日はその過去記事をご紹介したいと思います。

スケールをやっているものの、どう吹くのかイマイチわからないという方、ぜひ読んでみてください(^^)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


(2016年1月20日)
先日のグループレッスン(基礎の基礎から見直してみよう!グループレッスン)の感想で
「スケール(音階)の吹き方が参考になった」と仰っていた方がいらっしゃいましたが「スケールってどう吹くんだろう?」「どう吹いたらわからない・・・」という方結構いるのではないでしょうか?


たまに、スケール本の音源があればいいのに、と聞く事もあります。でも、そんな音源が無くてもスケールのお手本はいくらでもあるんです。そもそも、スケールを練習する目的の1つは、曲を吹く技術を磨く為なのですからお手本は曲の中にありますグッド!


クラリネットの曲で言うと


・モーツァルト:クラリネット協奏曲、五重奏曲ほか、すべての作品

・ウェーバー:協奏曲第1番2番ほか、すべての作品


まだまだ沢山ありますが、これらを聴きこむだけでも十分スケールのイメージが膨らませられると思います。

アイヒラーやアルバート(アルベール)、ランスロや3Dの音階練習をやっている方も多いと思いますが、機械的に音を並べるだけの無味乾燥なスケール練習はあまり役に立ちません。


どう吹いていいか分からない時は、曲の中にお手本を探してどう吹いているか研究してみます。


自分で吹く時は練習する調の雰囲気を感じながらどんな音でどう吹きたいかを先にイメージし曲中の一節を吹くつもりで練習してみてくださいねニコニコ


元記事はこちら

https://ameblo.jp/fujisaki-clarinet/entry-12117658416.html








クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/