528423

楽器を吹くと頬が膨らんでしまうということについて、レッスンで質問を頂いたのでこちらでも書いてみたいと思います。

「頬が膨らむのがいいのか悪いのか?そもそもどっちなの?」私は基本的には膨らまない方がよいと思っています。

頬が膨らんでしまうことで、口周りの筋肉や舌、アゴ、息の微細なコントロールがしづらくなるように感じるからです。

プロでも時々膨らんでるんだけど?!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これは音色を変えたり、循環呼吸の時など、テクニックとして意識的に使っていることがほとんどです。

また、膨らんで見えるけど空気が入っている感覚がない方も気にしないで良いと思います。骨格やお顔がほっそりしている方はそう見えることもあります。


頬が膨らんでしまう原因は、主に2つあると考えています。

1.唇の締めすぎ、アゴの噛みすぎ、リードやマウスピースが自分に合っていない
吹き方や道具によって息の流れが渋滞していると、口内の空気圧が高くなり、頬の筋肉が圧力に負けて頬が膨らんでしまいます。

道具や吹き方、身体の使いかたを見直した上で、息を滞りなく流す練習「音を出さずに息の方向を考え、口やアゴを緩めて息だけ出す練習⇔音を出す」を繰り返すと改善されることが多いです。


2.頬の筋肉を使って吹く習慣がない
これらは独学の方によくみられるのですが、頬を引き締める筋肉(主に頬筋)を使って吹く習慣がないと、頬が膨らんでしまいます。また、唇回りの筋肉(主に口輪筋)の力が強すぎると、頬筋が使われなくなる場合が多いようです。

これらの場合も、道具や吹き方、身体の使いかたを見直した上で「息を全てリードに向かわせる(息の方向を考える)」と思うことで頬のふくらみは改善されることが多いです。

この2つを気を付けることでほとんどの方が改善されますが、どうしても頬が膨らんでしまう方も(両頬、片頬)も少数ですがいらっしゃいます。どうしても膨らんでしまう、膨らまなくなってもすぐ戻ってしまう場合は、筋肉が記憶するまでしばらく練習を続けてみてください。

それでも改善されない場合は、頬が膨らんでいる上での吹き方を練習をします。また、ごくごくまれに疾患が隠れている場合もありますので、気になる方は医師の診察を受けてみてください。




2019年7月まで体験レッスンの募集をストップしています。

クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/