クラ歴数年の中学生とこの本でスケールを練習しました。部活で使っているテキストでのレッスンも沢山しています。


レッスンを始めたころは音が不安定でしたが、安定した音が出せるようになってきた生徒さん。スラーで練習しました。
FullSizeRender

1つ1つの音はだいぶ安定しているのですが、音を繋げると不安定に揺れてしまいます。こんなときよくやってもらうのは

「クレッシェンド気味で吹く」

出しやすい音量からスタートし、頂点の音に向かってほんの少しずつクレッシェンドします。下行形は頂点での息のまま丁寧に。すると自然に安定して音に方向性も出て、曲に使えるような音階に近づきました。(下行形は自然と息が減り必要な息が出せない場合が多いので、あえてそのままの息で丁寧に)

クレッシェンドで吹くことによって、上の方の音に必要な息が自然と流れるようになり、高音が出しやすくなります。また、頂点の音を意識することで行きたい方向が決まるので、吹きやすくなり安定感もでてきます。

どれくらいクレッシェンドをするかは、様子を見ながら色々試してみましょう。息の変化が自分にだけわかるレベルから、誰が聴いてもわかるクレッシェンドまで、色々ありますよね。


音が揺れたり不安定だと、つい「揺れないように」「アンブシュアを固定させて」「息を一定に」と思いたくなるのですが、これだと死んだ音=実際の演奏に使えない音になりやすいんです。

音の高さに合わせて、息やアンブシュアの状態も変化させる必要があるのに「一定に」や「固定させる」で吹くのはどうしても不自然。そのまま吹いていくと音が出しづらく、音色が固くなったり響かなくなってしまいます。


音を安定させるための直接的な提案ではなく「変化していく音を安定させるには何をしたらいいのかな?」から考えた、やや間接的な提案でした。

試してみたらお気軽にコメントしてくださいね(^^)/




♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/