右手親指は楽器の重さがかかることもあり、痛みが出る方も多いと思います。痛み対策でストラップを付ける方もいますね。今日はいくつかの右手親指の痛みの原因と、改善のためにやってみたいことを書きたいと思います。

まず、ほとんどの方が感じるここの痛み。
FullSizeRender

指かけが当たるところの痛みです。これは身体の使いかたで緩和できますが、直接皮膚に固いものが当たるので、完全に痛みを無くすことは難しいです。サムレストクッションやチューブを付けると緩和されます。


しかしこれも弾力がありすぎたり、分厚いものを付けるとアンブシュアにも影響が出ることもあるので、様子を見ながら試してみましょう。


次は筋肉の疲れや痛みです。このあたりが疲れたり痛くなったりする場合。
FullSizeRender
トーンホールをギュッと握って塞いでいたり、トーンホールをバシバシ叩くように塞いていたり、楽器を右手で持つように支えている場合、ここの筋肉が必要以上に使われて痛みや疲れが出ます。親指の使いかたが原因というよりは、人差し指~小指の使いかたが影響している場合が多いです。

「リングキーが下がってホールが隙間なくふさがっていればOK」それ以上の力は不要です。ゆっくり指を動かして丁度いい加減を練習してみましょう。


こちらの痛みや疲れもよく聞きます。
FullSizeRender
楽器を支える時、歯と親指でバランスを取るときに、親指だけで楽器を持ち上げようとしていると、この部分がとても疲れます。

親指はサムレストが乗るだけ。親指を持ち上げて楽器を支えるのではなく、親指からヒジまでがつながっていることを思い出し、ヒジをほんの少し曲げ角度を変えて楽器を支えたり、バランスを取ってみましょう。

また、小指の方にも重心を分散させるようにすると、親指の負担が減ってきます。これであまり効果がない場合は、姿勢や身体全体の使いかたが影響していることが多いです。


今回は右手親指のことを書きましたが、右手親指は手首~ヒジ~肩~脊椎(胴体全体)~頭、脚、左半身、空間全体につながっています。指をどうこうするより、それ以外…たとえば遠く離れた脚の使いかたを変えると右手親指の負担が減ることもあります。

また、指の使いかただけでなく、息の使いかたや調整していない楽器や合わないリードなどが原因のこともあります。そう考えると指以外の原因の方が多いかもしれませんね。

このあたりは個人的にみていかないとわからないので、気になる方はぜひアレクサンダーテクニークの先生のレッスンを受けてみることをおススメします(^^)/




♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/