練習してもイマイチうまくできない難しいパッセージ、どう練習していますか?長いフレーズのままメトロノームを1目盛りずつ上げて練習する方も多いと思いますが、うまくいかないときは練習方法を変えてみましょう。

ここで思い出したいのは、どんなに難しいパッセージでも、2つの音の連続であるということ。まずは2つの音をどうやって吹けばキレイにできるのかを考えながら丁寧に練習することが大事です。

たとえばこのパッセージ。
FullSizeRender
リードミスが出たり、音と音の間に別の音が入ったり、音がブツブツ切れたり、指がスラスラ動きづらい、音量や音質もバラバラになりがちなパッセージです。(ローズ:32のエチュードの1)

まずは2つの音で指の操作や息やアンブシュアのコントロールがどうなっているのか、どうすればうまく繋がるのかを考えます。
FullSizeRender
この赤丸でくくった2つの音のつながりでは、主にこの3つを考えます。

【指の操作】
「ラ♭」のキーを離した瞬間に「シ」のトーンホールが全部塞がれていることが必要です。ゆ~っくり吹いて、自分がどんな動きをしているのか観察。空間に響く音や指の感覚だけでなく、鏡で確認して自分の動きを客観的にみてみましょう。

【息のコントロール】
「ラ♭」と「シ」は、息の量やスピードが少し変わります。音量や音質にギャップがある場合は、息を微妙に増やしたり減らしたり、息の方向を考えたり、色々試してベストなコントロール方法を探します。また、跳躍するタイミングで息が減ったり喉で調整しがちなので、息がスムーズに出せているかどうかも観察しましょう。

【アンブシュアのコントロール】
息が変わるのでアンブシュアも微妙に変わります。また「ラ♭」でキーを強く押さえていたり、「シ」でホールを勢いよく塞いていると、アンブシュアにも影響が出ます。指の操作ももう一度観察してみましょう。


練習の時はメトロノームはかけず、十分に観察できるテンポでとにかくゆっくり、退屈なくらいゆっくりです。そして出来てきたらその隣の音を足して3つ、さらに足して4つ…とだんだん広げていって1つのパッセージを完成させていきます。

メトロノームはパッセージが長くなってきて、もっとテンポを速くしたい時に使います。メトロノームを使う目的は、リズムが正確に吹けているかどうかを確認するためです。録音して確認するのもよいでしょう。

ちなみに私はテンポを速くしたいときは、吹きたいテンポをメトロノームで確認してから、音を消して自分の中でカウントしながら練習しています。

また、テンポを速くするときは「頭の回転」「息」「指、アンブシュアなどの身体の動き」をテンポに合わせることが必要です。指だけ動きを速くしてもすぐ限界がやってきてしまいます。

難しいパッセージも機械的に練習するのではなく「うまくいかないときは何が起こってるのかな?どうしたらできるようになるかな?」と考えながら練習します。

すると「こういう時はこうするんだ」という自分だけのノウハウが蓄積されるので、次に似たようなパッセージが出てきたときに早く楽にできるようになります。

ノウハウが蓄積されるまでには時間がかかりますが、かかった時間以上の価値があるので、コツコツと貯めていってほしいなと思います。よかったら試してみてください(^^)/


♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/