FullSizeRender


スケールなどの高音について、レッスンで時々お話していることですが、こちらでもシェアしたいと思います。高音を吹くときにこんなお悩みがある方、いらっしゃいませんか?

・音が汚い、うるさい
・出したい音が出ない(当たらない、リードミスなど)
・音程が悪い
・出しづらい
・口やアゴが痛くなる

高音をキレイに出すには段階があるのです。その段階をすっ飛ばしてしまうと、上のようなお悩みが絶えなくなります。

その段階をざっくりいうと…

1.手探りでとにかく音を出す時期
2.息でリードを振動させ音を出すコツをつかむ時期
3.キレイな音を目指す時期

高音でお悩みの多くの方は2をすっ飛ばして1⇒3にいっていることが多いです。なんとか音が出せたその先の練習方法がわからなかったり、2を練習する暇もなく周りからキレイな高音を要求されるからではないかと思います。

でも息でリードを振動させ音を出すコツがわかっていないと、とりあえず口やアゴを力ませて音を出す方向に走ってしまいます。その結果音が出しづらく、音質も音程も悪く、音が当たるかもわからない…色んな場面で困ることになり、高音が嫌い、高音恐怖症に陥ってしまいます。

逆に2の時期でコツをつかんでいると、高音が当たりやすくなり響いた音を出すことができるので、怖さがかなり軽減されます。また、音量を抑えた時も音が痩せたり音程が悪くなることが少なくなります。

2の息でリードを振動させる練習では、その過程で音がうるさくなったり、他の音域とのアンバランスさが目立ってくることもあります。また、大きな音を出す恐怖感や嫌悪感も出てくるかもしれません。

しかしこの過程ではある程度仕方ないのです。でもしばらく練習していくと、息で高音を出すコツがつかめるようになるので、3のキレイな音を目指す段階に行けるのです。

高音だけに限らず、みんなが悩んでいるような難しいことに取り組むときは、段階を踏み時間をかけて練習することがとっても大事です。今のスピード時代にそぐわないのですが、人間は機械ではないので仕方ありません。楽しみながら、時には休みながらじっくり取り組んでいきましょう(^^)




お席残り4名!金管木管全員大歓迎です(^^)
【管楽器の方募集!9/29・知るだけで演奏が楽しくなる!変わる!心と身体の使いかた講座】

929ワークショップチラシ


♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/