FullSizeRender



アクセントを付けてるつもりなのに付けてるように聴こえない、雑音が入る、リードミスが出る、音程が悪くなる…意外と難しいのがアクセントです。

一言でアクセントといっても、一概にこういうものとは言えませんが、ここでは「他の音より強調する音」という意味で書いていきたいと思います。


アクセントも順を追って練習していきます。

1.どんなアクセントを付けたいかを決める
2.アクセントに必要な基礎テクニックを分解して練習

3.すべての基礎テクニックを組み合わせて練習

1~3の順で練習したり、必要なら1~3を行き来します。

1.どんなアクセントを付けたいかを決める
一番重要ですが忘れがちなところです。
「この場面ではどういうアクセントを付けたいか?」
「どんなアクセントがふさわしいか?」
「どんなアクセントを求められているのか?」考えてみましょう。

2.アクセントに必要な基礎テクニックを分解して練習
アクセントは、主に3つの基礎的なテクニックが組み合わさっています。
「息の使いかた」
「指の動かしかた」
「舌、アンブシュアの力の入れかた」
これを1つずつ分解して練習します。

《息の使いかたの練習》
アクセントは、アクセントのタイミングに必要な息が出ていないと付きません。まずはマウスピースをゆるくくわえ、音を出さずに出したいアクセントに必要な息を出してみましょう(タンギングはしません。フッ、フッという風の音を出します)

アクセントを付けたいタイミング、出したい音量を考えて息を出します。この時には息の方向を考え、胴体の筋肉を使って息を出すようにします。

うまく息が出せるようになったら、同じ要領で音を出してみます。(タンギングはしません)音を出すことによって息の勢いやタイミングが丁度いいかがわかります。

息だけでアクセントが付かないときは、瞬間風速や息を出すタイミングが遅い場合が多いです。自分の出したいアクセントに合った息を研究してみましょう。

《指の動かしかたの練習》
アクセントでは指も力んでバタバタしがち。指でアクセントを付けるような動きをしてしまう人も多いのでは?指が力みは全身の力みにもつながるので、指ははっきり動かす程度、動かすのに必要なエネルギーだけを使うようにしましょう。

まずはアクセントを付けずにスラーで吹き、指の動きを観察します。

必要な動きは「トーンホールから指を離す、トーンホールを指で塞ぐ」だけです。そのあとアクセントの時の息を「フッ、フッ」と出しながら動きを観察します。息に影響されず必要な動きだけができたらOK。

《舌、アンブシュア(タンギング)の練習》
アクセントのとき、一番力むのは舌とアンブシュアです。まずはアクセントを付けずにスラーで吹き、次にスラーの息で軽くタンギングします。次にアクセントの息にして軽くタンギングします。

タンギングをした時に「ぺッ」「ザッ」という雑音がでたり、音程が極端に悪くなったり、リードミスが出たり、音が痩せているときは舌やアンブシュアが必要以上に力んでいる可能性があります。

息に見合ったアンブシュアの力や、舌の力や動きを研究してみましょう。雑音はリードや楽器などが原因のこともあるので、練習しても全く改善されないときは他の原因を探してみましょう。


3.すべての要素を組み合わせて練習する。
最後にこの3つを統合して練習します。3つが難しい時は2つ、または1つにフォーカスするのに戻ってみたり、行ったり来たりして練習してみてください。



共通して気を付けたいのはこの2つ。

・常に「息」のことを考える。(アクセントも息主導)
・脳と身体がシンクロして動ける速さで練習する

超低速での練習もお勧めします。超低速で吹くことによって、なぜできないのかがはっきりしたり、ごまかしていたことが見えてきます。

アクセントは基礎テクニックの集合体です。アクセントを練習することは基礎力を付ける練習にもなりますね。気長に練習してみてください(^^)/


♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/