a98ed3242054d37fca3610864c568cec_s




【8月12日・大阪出張レッスン】


【9月29日・金管木管参加OKのアレクサンダーテクニーク講座のお申込み(残り7枠)】

10代20代のころは気合と若さでがむしゃらに、自分に超厳しく練習していました。そのころはとにかく楽器で生計を立てたかったので、どうやったら上手くなるか、どうやったら食べていけるか?頭の中はそんなことでいっぱい。

挙句の果て身体を壊したり、一度ドロップアウトしたりと失ったものも大きかった気がしますが、そのおかげで基礎テクニックや音楽的基礎を身に着けることが出来ました。

30代でアレクサンダーテクニークに出会い、身体の使いかたを通して楽器の吹き方、指導の仕方はもちろん根本的な考え方、日々の過ごし方、人との接し方を根底から反転させられるような体験をたくさんしました。

特に楽器はこれまで積み上げてきたものが崩壊し、一から吹き方を見直す事になりました。一時は初歩的な曲しか吹けなくなり、ちょっと心配にはなりました。

でもそのおかげで、これからは仕事としてノルマ的に楽器と付き合っていくんだろうなという考えも覆され、練習はそのたびに発見がある楽しいものとなりました。


そんな体験の中で学んだことが2つあります。

「一度崩壊しても大丈夫」
私もアレクサンダーテクニークを学ぶ過程で一時はゼロから奏法を見直すことになりましたが、必要なことは必ず残りました。

そして残ったパズルのピースの組みかたを変えていくことで、予想を超える世界を見ることができました。

以前も書きましたが、たとえば響く音になるまでの過程には、荒い汚い(と思われる)音になる時もあります。その時は「もっと汚い音になっちゃった…」とがっかりするかもしれませんが、それは要らないことが崩壊し、必要なことを作り上げている途中には必要な過程なんです。

さらに地道に練習と研究を重ねていけば、以前の良いと思っていた音を超える音に出会う事ができます。

予想以上の結果をみるためには、崩壊することも必要。そして崩壊しても大丈夫なんだとわかったことで、新しいことに挑戦したり実験することが怖くなくなり、楽しいものとなりました。


「練習すればなんとかなる」
練習すれば全員オッテンザマー兄弟になれると言っているのではありません。ですが練習すれば無理と思い込んでいた多くの問題も改善されるし、楽器を楽しむまでのレベルに到達することができるのです。

今も楽器やアレクサンダーテクニークを練習していると、できる気がしない事が結構な頻度でやってきます。

でもそれが目の前に現れても、すぐ結果を求めずに地道に練習していると、ある日急に出来たり、わかったりすることが沢山あるのです。

それを経験すればするほど「練習すれば必ず変化する。そして改善に向かう」ことを確信せざるをえなくなります。

もちろん練習方法がズレていたり、練習頻度が少ないとなんとかなりません。やり方や取り組みを工夫し、自分に合ったものを見つけるのも練習には含まれているのではと思います。

すぐ完璧にできなくても、今の自分のレベルから1歩でも改善されればいいんです。その一歩一歩が積み重なると思いがけない化学変化や気づきが生まれ、いつの間にか「できる気がしない」ことができるようになっているのです。

生徒さんをレッスンしている時も、突然飛躍的に音がきれいになったり、安定感が増して驚くことがあります。

それは地道な積み重ねが成就した瞬間なのでは?と思います。「今すぐできるようにしなきゃ!」と思わなくても、あきらめずに続けていればある日突然上達するのです。

結果をすぐ求めてもそれは起こりません。自分のことを長い目で見守ることが大事だと思います。



この2つのことが実感できたおかげで、生きること自体がかなり楽になりました(笑)子供のころから色々な意味で生きづらかったので、本当に助かっています(^^)

よく知らない人に「楽器ばっかりやってないで他の世界も見ないと偏るよ!」といわれることがあるかもしれません。でも自分の興味の世界に集中することで、生きるために必要なことに沢山気づけるんです。そしてそこから色々広がっていくんです。それを偏るというのかな?と思います。偏りバンザイです。


崩壊なんて怖い、練習の仕方もわからない、ダメ出しが直らない、結果をすぐ求めてしまう…という方も多々いらっしゃると思います。そんな方はレッスンへ!サポートできることが沢山あると思います。

暑いので暑苦しく書いてしまいました(笑)暇な時に冷房の効いた部屋で読んでもらえると嬉しいです(^^)/


♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/