1084454

体験レッスンなどで「どんな音を出したいですか?」と聞くと「きれいな音」という回答が沢山返ってきます。

でも「きれいな音」を出したいとおっしゃる方々は、こんなことで悩んでいることが多いんです。

・音が小さい
・音が響かない
・音が詰まる
・ダイナミクスの幅が小さい
・よく鳴る音域が狭い
・高音域が出しづらい
・音の芯がない
・雑音が多い
・発音、タンギングがはっきりしない
・遠くまで音が届かない 
・吹くのが苦しい など

きれいな音を目指しているうちに、響きも抑えられてしまったのかもしれません。「きれいな音」というより「うるさくない音」になっています。

音の理想形は人それぞれなので、どんな音を目指すのも自由ですが、理想とする音を目指す前にやってほしいことがあります。

「リード、楽器、自分の身体、そして空間が振動する音を出すこと」


「うるさくない音」になっている方を、レッスンでリードや楽器、身体が振動する音に導いていくと、ちょっと不安そうな顔でこう聞かれます。

「この音うるさくないですか?」
「汚くないですか?」

いや、それが「鳴っている音」「響いている音」なんです。

鳴っている音、響いている音にはこれまで抑えられていた響きが沢山含まれているので、自分がいいと思っていた音とはかけ離れているかもしれません。

でもここが基本です。ここから自分の好みの音…落ち着いた音や、明るい音、柔らかい音、硬質な音などに創り上げていくのです。

練習もしてるし、イメージもはっきりしてるし、道具も工夫しているのに音が鳴らない…というときは、色んな音が出ることを許して、まずはすべてを振動させてみよう!と音を出してみてください。

これまで嫌っていた音が出てしまうかもしれませんが、それも1つの過程です。ちょっと勇気がいるかもしれませんが、ぜひおすすめしたいと思います(^^)


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/