ドキッとするリードミス、出来るだけ減らしたいですよね。今日はリードミスを減らすためにぜひやってもらいたいことを書いていきたいと思います。

ちなみにこういう楽譜、見たことありますか?
FullSizeRender

クラリネットは同じ指使いで違う音をいくつも出すことができます。この楽譜のように、一番左の「ド」の指使いで「ソ」「ミ♭」「ラ♭」「ド」が出せます。

リードミスは一番左の「ド」を出そうとしているのに「ド」以外の音が出てしまっている現象です。同じ指使いでいくつもの音が出てしまう楽器なので、ある意味他の音が出てしまうのは仕方ないことかもしれません。

でも、あきらめても何も変わらないので、すぐできる、しかも簡単な習慣をご紹介します。

それは「出したい音を心の中で歌う」

出したい音を歌うことによって、その音を出す準備が自動的に行われるので、その結果リードミスの確率が減っていきます。特に楽器に慣れている人には有効な方法です。

逆に何も歌わずに吹いてしまうと、身体はどう準備していいのかわからず、リードミスの確率が高くなってしまいます。

また、心の中で歌っていても恐怖心があると、身体が固まり細かい自動制御が利かなくなってしまうので、リードミスの確率が高くなります。

この時はリードミスにフォーカスするのをやめて、心の中で歌いながら息にフォーカスすると変わってきます。

色々な対策がありますが、まずは今すぐできることから習慣にしてみましょう。やったことのない方はぜひ試してみてください(^^)/


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/