FullSizeRender

忙しい方にとって、練習したくても時間を取ること自体が難しいことも多いと思います。まとまった時間作らなきゃ…と思っているうちにあっという間に本番…今回もやっつけという事もあるのではと思います。

そんな方におススメしたいのは、楽器を吹く前の仕込みです。仕込みをしておくと、少ない時間がより有効に使えるようになるんです。今日は生徒さんのレッスンでもお伝えしたことをシェアしたいと思います。

ちょっと手強いパッセージに出会ったときの仕込み方です。

時間がないと焦っている時は、とりあえず音を出しながら譜読みになりがち。でもそれはとっても非効率的なんです。練習した感はありますが、何度やっても定着しないし、同じところでつっかえることも多くなります。

提案したい練習方法はこちら。アレクサンダーテクニークの考え方を応用したものです。

1.パッセージ全体にサッと目を通し、特徴や法則を把握する
(調性、リズム、3度ずつ下がる等)

2.確実に読める速さでドレミで読む
(大丈夫だと思うまで繰り返す)

3.音名を読みながらエアーで指を動かす
(大丈夫だと思うまで繰り返す)


長いパッセージだったら数小節に分けてやるのがおススメです。リズムもややこしい場合は、リズムだけ「ラララ」で歌う手順も踏みましょう。

テンポを上げる場合は、また1に戻って希望のテンポで繰り返します。脳と身体が同期している感覚になればOK!

これを音を出す練習の前にやっておくと、実際に音を出した時の負荷がかなり軽くなります。こんな風に練習したいパッセージだけスマホで撮っておくといつでもすぐ見られますよね。
FullSizeRender


寝る前5分、通勤通学中の5分など、ちょっと時間が出来たらやってみてください。必ず成果が出ます(^^)/

教室の生徒さんも忙しい方ばかりですが、難しい曲に取り組むときはスキマ時間で仕込みをされているようです。

忙しいなかでもできる準備は色々あります。簡単にできるのでぜひ試してみて下さい(^^)/




クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com    
    
    


毎月1日配信 無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

メルマガバックナンバー

https://note.mu/clarinet
  



にほんブログ村