873745




先日、どう教えていいかわからないときのアイデアを書きましたが、それ以前に自分だってまだ下手なのに教えられない、教え方もわからないし自信もないという方も多いのではと思います。

教えなくていい環境ならいいですが、教えなければいけない立場にあるという時はどう考えたらいいのでしょうか?もうすぐ4月。新入生や新入団員に教える機会も出てくると思います。

私は、自分のできる範囲で気楽に教えてみたらどうかな?と思います。

教え導くというよりは「自分はこうしている、自分はこう思う」という感じで自分のしている事を伝える、わからないことはその都度調べたり、一緒に考えて試してみるというスタンスでいいと思います。

ついつい「教える立場なんだからちゃんとしなきゃ!しっかりしなきゃ!」と思いがちですが、自分のキャパ以上のことを教えようと思ったり、自分をよく見せようとするとうまく教えられないんです。人前での演奏と同じですね(^^)

出来ないことがあるまま、わからないことがあるままで教えてみましょう。

でも間違ったことを教えて下手になったらどうしよう、責任重大…と感じることもあるでしょう。でも習ったことをどうとらえるかは教わる人次第です。

ピンときたら取り入れてくれるだろうし、なんかよくわからないと思ったらスルーしてくれるでしょう。

また、今は良くも悪くも情報が沢山あり、習う場所も沢山あります。自分のできることはしたけれど不安という時は、自分が参考にしている情報源や、レッスンに通う選択肢もあることを伝えてみるのも良いと思います。

教えることは最初は怖いですが、予想以上に楽しいし自分のためになります。そして何より人に喜ばれます。よかったら教えることもぜひチャレンジしてみてください(^^)/






クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com    
    
    


毎月1日配信 無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

メルマガバックナンバー

https://note.mu/clarinet
  



にほんブログ村