9b5b03fd96ad793cf1e00123a2256ae5_s


前回は安定した音を響かせるための意識の持ち方を書きましたが、実際に豊かで響く音を出している人は、何をしているのでしょうか?考えてみました。

・自分に合ったリード、マウスピース等をつかっている

・調整された吹きやすい楽器をつかっている

・リードを振動させるのに必要な息をだしている

・リードの振動を邪魔しないアンブシュアで吹いている

・楽器の振動をとめない指の使い方をしている

・身体に伝わる振動をとめない身体の使い方、考え方をしている

・振動を空間に伝える身体の使い方と考え方をしている


まとめると

1.音が楽に響く道具を使い
2.リードを息で必要なだけ振動、音を発生させ
3.その振動の邪魔をしない

意外とシンプルですね(^^)/

この1つ1つが全てちょうどいいバランスで出来たとき、驚くほど音が響くようになるのです。

響く音を出している人は、このバランスを身に着ける練習をしています。

レッスンでは、このバランスを総合的にみて必要なアドバイスやお手伝いをしています。

自分で練習するときも、部分的に解決しようとするのではなく、総合的な視点で改善していくと、響く音に近づいていきます。

音を響かせるのが難しいのは、色々な要素が絡み合っていて、それらを総合的な視点で観察、実践することが難しいからです。でもこれも練習です。気長に取り組んでみてください(^^)/



クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン
お申込みはこちらから

★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村