509726


前回のグループレッスンで、演奏中、読んでいる楽譜がブレるくらい動いてしまう、というお悩みを聞きました。

演奏中の動きは、アレクサンダーテクニーク界でも先生によって意見が分かれるところです。

不必要な動きをやめると演奏が良くなるという先生と、動きをやめようと思って逆に固まってしまうなら動きは止めないでOK、という先生がいらっしゃいます。

私はどちらも一理あると思います。でもどちらかというと、アレクサンダーテクニークの経験がなかったり浅い方は、軽く動いているくらいの方がいいのではないかと考えています。

さて、楽譜がブレてしまうぐらいの動き、ここまでいくと何か裏に原因があるように感じます。色々原因は考えられますが、その一つに、これがあると思います。

音で表現しきれないので動いてしまったり、音で表現することを忘れ、動きすぎてしまう

こういう方が多いのではと思います。

この場合は「そもそもお客様に音楽を伝えるには何をしたらいいのか?」を思い出してみることが改善につながるかもしれません。

振り付きのパフォーマンスは別ですが、演奏を純粋に聴いてもらう場面では、一番大事なのは「音」それによって生まれる「音楽」です。

表現しきれないから動いてしまったり、夢中になって動きすぎてしまう気持ちは分かりますが、その思いを「身体の動き」ではなく「音」で表現してみることを試してみてください。

まずは今自分がしている「音の出し方」や「音でしている表現」を観察してみましょう。自分の音が聞こえる静かな部屋で、自分の「音」「音楽」を観察してみてください。自分の伝えたいことが音で表現できているでしょうか?

他の人に聴いてもらうのも良いと思います。いつもの演奏と、全部音で表現しようと試みた演奏を聴いてもらって、感想をもらいます。

大きく動く人はもともと表現したいことが沢山ある感受性豊かな方が多い印象を受けます。もともとやりたいことが沢山あるのですから、それを全て音に集約してみたらどうなるでしょうか?色々な気づきや変化が起こるのではないかと思います(^^)/



★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村