542452

楽団や部活で練習していると、経験の浅い後輩や仲間から相談されたり、先生や指導者から「アドバイスしてあげてね!」と頼まれることもあるでしょう。

でも、教えてあげたいけど出来ない原因がイマイチわからないことも多いと思います。

こんな時は相手の吹き方を真似してみます。姿勢や構え、アンブシュア、音などを完全コピー。不具合が起きている時の状態や指の動きも真似してみます。

真似してみると、ただ見たり聴いたりしているだけではわからない事が自分の身体で分かるので、具体的な提案がしやすくなるのです。

私も今は話を聞いたり観察するだけでほとんどわかるようになりましたが、はじめの頃はよく真似をしていました。今も難しいケースの時は真似してみることもあります。

どう吹いているのかを客観的に観察して、時には自分で真似してみる。うまくいっていない時に何が起こっていて、どうやったらうまくいくのかを考えることは、自分の演奏にもとても役立ちます。

本人が迷惑がっているのにアドバイスを押し付けるのは違うと思いますが、もしアドバイスを頼まれたら、尻込みせずにぜひトライしてみてください(^^)/





クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com    
    
    


毎月1日配信 無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

メルマガバックナンバー

https://note.mu/clarinet
  



にほんブログ村