image

こんにちは!豊永よしこです。
10月27日のグループレッスンにちなんで、ローズ32のエチュードの吹き方の記事を書いています。

今日のお題はこちら
image

ワークショップの課題でもある「1番」の冒頭です。ここでは「3拍目のソードの跳躍」が気になる方、多いのではと思います。
うまく繋がらなくて切れてしまう、ドが詰まってしまう、リードミスが出てしまうなど、レッスンでもよく見かける光景です。

この跳躍をキレイに繋げるためには色々なコツがありますが、今日お伝えしたいのは、跳躍自体ではなくそれより前!冒頭の「ド」の吹き方です。冒頭の「ド」の吹き方で跳躍の成功率が変わってくるのです

では、冒頭の「ド」どう吹いたらよいのでしょうか?身体の使いかたの観点からいくと
この場合は身体を縮ませたり小さくしないで、身体の大きさをそのままにして吹きます。視界を広く、部屋の広さや天井の高さなど、空間を意識することが大きな助けになります。

また、息の方向を考えるときは、身体の中を通る方向にします。胴体(肺)から気管を通って上あごの天井に向かってorリードに向かって息を出します。息の方向を上or斜め上と考えることで、身体を縮めることを予防することもできます。


冒頭「ド」の時に、身体を縮めたり小さくしてしまうと、なぜその後の跳躍が難しくなってしまうのでしょうか?

見た目は「よく集中してるな」「一生懸命吹いてるな」という風ですが、実際に起こるのは、身体が縮んでしまうことで指が力み動かしづらくなっていたり、息の入るスペースが狭くなっていたり、視界が狭くなって身体全体が固まっていたり・・という状態です。

この苦しそうな状態で冒頭を吹き始めると、跳躍に差し掛かったころにはどうなるか、大体予想がつきますよね。

さらに吹き進めていくと、曲が終わるまで体力が持たないかもしれません。何とか吹いても余裕がなく、吹きたいように吹けないかもしれません。

自分の持つ本来の力を出すには、自分本来の身体の大きさで吹くことが大事なんです。身体を縮めて小さくしていると、出来るものもとても難しく感じてしまいます。

吹く時のちょっとしたクセが実は曲全体にかなりの影響を与えていることもあります。グループレッスンでは自分の邪魔をしているクセを少しでも改善するお手伝いが出来ればと考えています。

ブログではごく一部、しかも大雑把な情報しかお伝え出来ませんが、実際のレッスンでは、その方に合わせたアドバイスを情報数倍以上でお伝えできると思います(^^)/


★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村