クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

クラリネット&アレクサンダーテクニークについて、豊永よしこが思うことを書いています。

2020/01

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

アレクサンダーテクニーク教師でもある豊永よしこと一緒に練習しましょう。
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

練習の強い味方!おススメグッズ

今日は私も愛用しているおススメグッズをご紹介します。もうご存知の方も多いと思いますが、これは本当に便利です!
FullSizeRender

スマートロッドです。弾力のあるワイヤーと吸水性のある布で出来ています。

マウスピースを付けたままでベルから入れて管内の水分を取れるので、楽器屋さんがおっしゃるスワブを通すお勧め頻度「10~15分に1回」が気軽にできます。合奏中や急いでいる時、集中したい練習中もサッと通せるのでとっても便利。

コンクールや入試前の控室での短い音出しの時にもサッと通せるので、音出しの時間が少し長く取れますね。持ち運びも丸めるだけでコンパクトになり、ワイヤーなのですぐ元に戻ります。

回し者でもなんでもないのですが、昨日も生徒さんにおススメしたのでここでもご紹介してみました。こちらから買えます↓





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



B♭クラリネット用スワブ スマートロッド
価格:2673円(税込、送料別) (2020/1/31時点)

ついに来ました!

FullSizeRender
等身大ガイコツ君です。生徒さんが驚かないようにこちらでお披露目してみました。

これまでは背骨がまっすぐのミニガイコツ君が活躍していましたが、より実際の人間に近くなりました!等身大は眺めているだけで気付きがハンパないんですよね~



顔はこんな感じ。あの大御所芸人さんに似ている…さ〇まちゃ~ん!!
IMG_1012



クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。





一日どれくらい練習したらいいですか?

f677451b587a076d49e07d25aa4dadef_s

上達したい方が一番知りたいことの一つではないかなと思います。色んな方を教えてきたので大体の目安は言えますが、一番誠実な答えは「個人差が大きいです。どれくらい練習したらいいかはあなた自身が一番よく知っているのでは?」ですが、もう少しヒントを。




「練習したいことを、練習したい時に、練習したいだけ練習する」




雑誌で読んだある世界的ソリストの言葉です。理想論だといったらそれまでですが、これが真実なのではと思います。ご参考までに(^^)/



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。






メルマガ2月1日号の内容!


13c922a579c7e5362767e1ce61f7a4e4_s

【今月のメニュー】
1.最近の教室から~90分レッスンのメニューを作りました。
2.2月のレッスンスケジュール
3.コンサート情報
4.注目のブログ記事
5.おススメ動画
6.突発性難聴になってしまった話


2月1日の内容はこのようになりました。目玉はもちろん(笑)6です。昨年末の体験を書きました。完全回復済みですのでご心配なく。どなたかのお役に立てるかもしれません。

↓こちらから登録できます。
★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



習ったことができないのは練習方法を間違えているから?楽にできて再現性の高いやり方

581633

「レッスンで習ったことをしっかりマスターするぞ!」と練習しているのにうまく行かない時、
こんなことをしていませんか?



「動きの指さし確認」



たとえばタンギング。動きを分解すると「息を出しながら、リードに舌を付ける、離す」ですが、ここで

「息を上方向に」→確認!よし!
「舌をリードに付ける」→確認!よし!
「舌をリードから離す」→確認!よし!

確認することで頭は納得し安心するのですが、確認の時間がかかるので1つ1つの動きがどんどん重たくなり、タイミングがずれていってしまいます。

一番残念なのは指さし確認すると身体がどんどん固く縮こまってしまうこと。人間は感覚を探ろうと意識が中に入ってしまうと、視野が狭くなり身体が縮んできます。

身体が縮こまると持っている力が出しづらくなります。本来の力が出せない状態で無理に頑張るので結果はさらにイマイチになります。残念ながら良いとこナシ。


習ったことをマスターする時はこのようにやってみてください。

1.必要な動きとその手順を頭の中で整理
2.手順の通り動く

以上。できたか確認しないでどんどん動いていきます。うまく行かないときは必要な動きや動きの手順が違っている可能性があります。動きと手順を見直してリトライします。


確認しないと出来てるかわからない!と思うかもしれませんが、必要な感覚は確認しに行かなくても勝手にやってきます。「必要な感覚は来る」と信頼してやってみましょう。


この方法はアレクサンダーテクニークを学ぶ過程で習いましたが、聞いたこともないやり方だったのでかなり半信半疑でした。でもこの方がクオリティ高く労力少なくできるんですよね。しかも再現性もあります。

言葉ではわかりづらいと思うので、興味のある方はぜひ一緒にアレクサンダーテクニークのレッスンで練習していきましょう。近日中にグループレッスンもスタートする予定です!お楽しみに(^^)/



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。




楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場