クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

2019年09月

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

レッスンで質問した方がいい理由

1458525

せっかくレッスンに来ているのに先生に質問できない、質問するのが恥ずかしい、こんな事聞いてバカって思われないかな?と思って質問するのをやめていませんか?

他の先生は知りませんが、私は疑問に思ったことは何でも質問してほしいなと思っています。

私も必要な事は全て教えようと気を付けていますが、うっかり忘れたりスルーすることがあるからです。また、私の中で常識すぎて意識にすら上がらないこともあると思います。

残念ながら超能力者ではないので、生徒さんの疑問を全て先回りして教えることは難しいのです。

質問されて「そうだった!これも教えとかないと」「聞いてくれてありがとう」と思うことも結構あります。

一度聞いたことでも納得するまで何度も聞いてほしいと思います。

もちろん私も分からないことがまだまだあるので、分からないときは調べて後で答えたり、分からないことは分かりませんと言うので変なお気遣いも必要ありません。5歳児に戻ったつもりで気楽に質問してみてくださいね(^^)/


お申込み受付中!
10月12日『本番で力を発揮したい人のための実践的!グループレッスン』
クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



10月27日・発表会曲目

FullSizeRender

10月27日の発表会、このような曲目になりました。高校生からアマチュアのベテラン奏者まで参加されます。チャレンジングな曲が並んでいます…(一般的にも個人的にも)


・リード:ヴィクトリアン・キッチンガーデン組曲よりⅠ
・ウェーバー:グランドデュオ・コンチェルタントよりⅠ
・メサジェ:ソロ・ド・コンクール
・ズータマイスター:カプリチオ
・カユザック:カンティレーヌ
・ルビンシュタイン:へ調のメロディー
・クロンマー:コンチェルトより第1楽章
・ウェーバー:コンチェルト第1番より第1楽章
・モーツァルト:五重奏曲より第2楽章
・ブラームス:ワルツ
・シューマン:ファンタジーシュトゥックよりⅠ.Ⅱ
・メンデルスゾーン:歌の翼に(Cl&Fl&Pf)
・ヒンデミット:ソナタより第3楽章

ぴったり1か月です。気を引き締めて(特に私)行きましょう(^^)/

今日のレッスン室。光がきれいでした。
IMG_0289


こちらで本番対策しませんか?お席わずか!
10月12日『本番で力を発揮したい人のための実践!グループレッスン』
クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



メルマガ10月号の内容!

13c922a579c7e5362767e1ce61f7a4e4_s

メルマガ10月号、内容はこんな感じになりました。

【今月のメニュー】
1.最近の教室から~
クラリネットレッスンとアレクサンダーテクニークレッスン、窓口を統合します。

2. お席わずか『本番で力を発揮したい人のための実践的!グループレッスン』

3.発表会曲目

4.10月のレッスンスケジュール

5.コンサート情報

6.注目のブログ記事

7.4スタンス理論講座に行ってきました。


7では4スタンス理論の講座の感想を書きました。4スタンス理論、気になっている方も多いのではないでしょうか?今回の講座が初めてだったので深いことは書いていませんが、興味があったら読んでみてください(^^)/


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


10月12日『本番で力を発揮したい人のための実践的!グループレッスン』
クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com

アンブシュアは意識して作るもの?

FullSizeRender

私が吹いているときの様子です。ごく標準的なアンブシュアだと思います。でも、こういう形にしようとは1ミリも意識していません。

「アゴを張ろう」
「口角を上げよう」
「口角を横に引こう」
「上唇を密着させよう」
「この形をしっかり固定しよう」

一切考えてません。この形は今のところ私のベストのアンブシュアです。必要な事をした結果、このアンブシュアが現れます。それは形だけ作ったものとは根本的に違うものです。

結果に囚われてしまうと必要な動き、必要な手順を無視しがち。するとさらに結果が遠ざかってしまいます。レッスンでは結果の前の「過程」を中心に指導するようにしています。

とっても地味で演奏とは関係ないように見える練習ですが、やる価値は十分あるものです。根本から演奏を変えたい方、お待ちしています(^^)



お席わずかです。
10月12日『本番で力を発揮したい人のための実践的!グループレッスン』
クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン




★豊永よしこ プロフィール




このブログについて


★無料メルマガ登録



★メルマガの過去記事が読めるようになりました



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。









本番で成功するには絶対的にこれが必要です。

1378087

本番で成功するには絶対的にこれが必要です。


「練習で沢山失敗すること」


練習は実験の場です。練習で失敗することで今の自分の状態を把握し、どうしたら出来るようになるのかを考え、そこから色々な方法を試し、コツをつかんで、それをさらに洗練させて出来るようにしていくんです。


練習でも失敗を恐れていませんか?


汚い音を出したくない、リードミスを出したくない、変な音程で吹きたくない…色々なことを試すなかで変な音が出るのは当たり前。なのにそれを恐れて練習していると、その分いい音を出すコツをつかめないまま本番になってしまいます。

大昔から「失敗は成功の母」と言われていますがその通り!

失敗は失敗というより「プレ成功」なんです。練習でどんどん失敗して成功の足掛かりをつかんでほしいなと思います(^^)/




★お席残りわずか!10月12日『本番で力を発揮したい人のための実践的!グループレッスン』
★教室のアレクサンダーレッスンも今なら1,000円で体験できます!

クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン




★豊永よしこ プロフィール



★無料メルマガ登録



★メルマガの過去記事が読めるようになりました



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。









楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場