クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

2019年07月

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

周りの人がどんどん失敗してしまう中、自分の順番がやってきた!そんなときどうする?

993040

ある生徒さんから聞いたお話です。このシチュエーション、結構あるあるだと思うのでちょっと書いてみたいと思います。

学校で楽器の実技テストがあったそうです。同じ部屋でみんなで待機していて、自分の順番がどんどん迫ってきます。

緊張する…大丈夫かな…と思っていると、一人が失敗!次の人も失敗!その次の人も!と前の人たちが連続して失敗してしまいます。

これはかなりピンチ!しっかり準備が出来ていてもつられて失敗しそうです。案の定生徒さんも失敗してしまったそうですが、力が発揮できずとても残念そうでした。

こんなとき、どうしたらいいのでしょうか?


私が提案したいのは「自分は本当はどうしたいか?」に戻ること。


空気に呑まれて周りに影響されまくっているそのさなかに、自分に問うのです。


「○○(自分の名前を入れてください)、本当はどうしたい?」


「練習の成果を発揮したい」
「今持っている力を発揮したい」
「演奏を楽しみたい」etc…


真剣に取り組んでいるなら、心の中にはこんな望みがあるのではと思います。「どうせ下手だから失敗でいい」「自分だけ成功したら気まずいから失敗でいい」という思いが出てくるかもしれませんが、これは本当の本当の望みでしょうか。「でも」「どうせ」「だって」はシャットアウトして、本当の望みを問うてみてください。

本当の自分の望みを思い出したら、望みをかなえるために必要な状況を整えるだけです。

頭と身体全体が動けることを思い出し、空間の中で自由に動けることを思い出し、呼吸を思い出し、周りのサポートを思い出しながら…自分のやりたいことをやる。

自分の本当の望みを思い出し、それを叶えられる身体に戻れたら結果は付いてきます。私も弱気になって我を忘れたら毎回こうしています(^^)/ピンときたらぜひやってみてください。




緊張対策がテーマになるかもしれません。
8月14日・大阪出張レッスン受付中!詳細、お申込みはこちらからどうぞ!
https://www.fujisaki-clarinet.com/2019年8月14日-大阪出張レッスン/



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。














発音の時の雑音が気になる方へ…効果てきめんなノータンギング練習

1306284

発音の時に雑音が出てしまう…舌の動きやアンブシュアを研究してみたけど良くならない…という方へ、今日はノータンギングのすすめです。

本来音は息でリードを振動させて出すもの。もちろん発音の時もそうですが、タンギングすると舌や口で音を出すような錯覚に陥りやすく、息がお留守になって雑音が出ることが多くなるんです。

雑音を無くすには「音はリードを振動させて出す」を思い出す練習から始めます。それがノータンギングでの練習です。

発音の時「トゥー」とタンギングしないで、息だけでクリアな発音を目指します。タンギングなしで雑音や破裂音がなく、またぼやけることもなく、自分の決めたタイミングでクリアに音を出すことができて初めてタンギングした時にも雑音がなく音も響くようになります。

タンギングして発音するのは、あまり知られていませんが結構高度なテクニックなんです。高度なテクニックを習得するには段階を踏むの大事です。いきなり練習する前にノータンギングで音を出す練習をおすすめしたいと思います。

ノータンギングでクリアな発音をするには、3つの動きがあります。1で準備、2,3を同時に行います。


1.音を出す前に上下前歯(頭)と右手親指でバランスを取って構える
まず音を出す前の準備です。唇でマウスピースを支えるのをやめて、上下前歯(頭)と右手親指でバランスを取って構えます。いわゆるアンブシュアは準備しなくてOK。音がクリアに出るだけの息が出れば、口の周りの筋肉は自動的に反応するのでご心配なく。


2.息はロケットスタート
音が発生する瞬間からクリアに音を出すには、息の初速がどうしても必要です。「ふぁ~」という電車の発車のような息ではクリアに音は出ません。

息の初速のイメージは「ロケット花火」「逆バンジー」「勢いのいい噴水」など。リードに付いているごみを吹き飛ばすようなイメージでもOK。瞬間的にリードに息が当たるイメージが持てるといいですね。

アゴや口でこの息の邪魔をしなければ、瞬間的にリードが振動しタンギング無しでクリアな発音ができるようになります。アゴや口が必要以上に力むと、出だしが遅れたりリードミスが出やすくなります。

また「楽器に息を入れる」意識では必要な勢いが出づらいので「身体の中にある空気を瞬間的に上にあげる」「瞬間的に上にあげた息をリードに当て続ける」「上あごの天井に息を当て続ける」などの方向をおすすめします。


3.息を出す瞬間にアゴと口を反応させる
せっかくロケットスタートができても、息の勢いをアゴや口で止めてしまうと努力が水の泡です。息の勢いとリードの振動を止めないために「息のスタート・アゴ・口の動きのタイミングは同時」です。


これらを踏まえてノータンギングでクリアに音を出せるようにしてから、タンギングを付けていきます。リードに舌を付けるタイミングは「息のスタート・アゴ・口の動き」と同時です。

けっこう遠回りに見えますが、実はこの方が近道で結果もいいんです。ピンときたらぜひ試してみてください(^^)/



この練習はかなり地道ですが、レッスンではさらに段階を踏んで練習していきます。
8月14日・大阪出張レッスン受付中!詳細、お申込みはこちらからどうぞ!
https://www.fujisaki-clarinet.com/2019年8月14日-大阪出張レッスン/



このブログについて



豊永よしこ プロフィール



メルマガの過去記事が読めるようになりました。詳しくはこちらから。
http://clarinet.blog.jp/archives/32347858.html


無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。




【内容変更!】メルマガ8月号の内容!

13c922a579c7e5362767e1ce61f7a4e4_s

メルマガ8月号の内容が決まりました…が、あまりにもお知らせだらけになってしまったので内容を大幅に変えました。

お知らせは別便でメルマガ読者の方に送りたいと思います。こちらのブログでもご案内します。

【今月のメニュー】
1.最近の教室から~ついに新しいレッスン室ができました!
2. 今年もやります!大阪レッスン
3.8月のレッスンスケジュール
4.コンサート情報
5.注目のブログ記事
6.今月のおススメ本 
7.今より厚めのリードにしたくなったら…変える前にチェックしておきたいこと



興味のある方はぜひご登録ください。
★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


そして大阪レッスンもお忘れなく!
8月14日・大阪出張レッスン受付中!詳細、お申込みはこちらからどうぞ!
https://www.fujisaki-clarinet.com/2019年8月14日-大阪出張レッスン/


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



防音室見学会を開催します!

8月14日・大阪出張レッスン受付中!詳細、お申込みはこちらからどうぞ!
https://www.fujisaki-clarinet.com/2019年8月14日-大阪出張レッスン/


8月3,4日の土日に、建築会社の主催で防音室見学会を行うことになりました。DAIKENさんのスタンダード防音を体験できます。
アップライトピアノを弾いたり、楽器を持ち込むのもOK!音出しして防音効果を体感してみてください。
IMG_0106


建築途中ですがこんな感じです。
IMG_0111


ピアノはこちらと同じ型のアップライトです。
FullSizeRender

防音室導入を考えている方、興味のある方はぜひお越しください。来場される方には場所をお知らせしますのでこちらにご連絡いただくか、画像にある連絡先にお問い合わせください。

私はここから徒歩30秒の仮住まいで引っ越し準備していますが、お声をかけていただければ顔を出します(^^)/




クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。




個人レッスンの募集を再開します!

8月14日・大阪出張レッスン受付中!詳細、お申込みはこちらからどうぞ!
https://www.fujisaki-clarinet.com/2019年8月14日-大阪出張レッスン/

FullSizeRender


教室リニューアルに伴い、継続的な個人ッスンの受付を停止していましたが、募集を再開します!

ご予約日程はリニューアル後の8月16日(金)以降になりますか、ご予約は可能ですのでご希望の方はHPよりお申込みください。

8月16日~9月末までにレッスンにいらっしゃった方には、次回以降のレッスン等で使えるリニューアル記念感謝クーポンをプレゼントしたいと思います。これまで来てくださっている方はもちろん、体験、単発の方も対象です(^^)

お申込みはこちらからどうぞ
クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。















楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場