クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

クラリネット&アレクサンダーテクニークについて、豊永よしこが思うことを書いています。

2018/09

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

アレクサンダーテクニーク教師でもある豊永よしこと一緒に練習しましょう。
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

どうしても指の力みが抜けないときに振り返りたい3つのこと

216734

指が力んでしまうとお悩み、かなりの頻度で耳にします。気を付けているのにどうしても抜けない、気を抜くと力んでいる…と力みを脱せない場合が多いようです。

なかなかうまくいかないときは、単純に指の力だけ抜こうと思っているのかもしれません。

指の力みは色々な原因が絡まって起こるもの。一見指に関係ないことが原因であることも多いのです。また、何を考えて吹いているかもかなり影響を与えます。

今日は色々絡まっている指の力みの原因のうち、よくみかける3つの原因を書いてみたいと思います。


・「音は息で出す」という意識が薄い
音はリードを息で振動させて出すものです。その息が足りていなかったり、息が足りていても強い力みでリードの振動を止めていると、音が十分出なくなります。

音が出ないのを補おうと指が力んでしまいます。キーをたたいたり楽器を握っても音は出ませんよね。「音は息で出す」という基本を思い出し練習してみましょう。

・必要な指の力を把握できていない
ただ指の力を抜くと思うだけでは曖昧で漠然とし過ぎ、身体はどれくらいの力を使えばいいのか迷ってしまいます。

指の力加減や動きを観察し、そもそも音を出すにはどれくらいの力や動きでトーンホールを塞いだりキーを押さえればいいのか研究してみましょう。

・指の動きと音楽が分離している
音楽を無視して、指を機械的に動かしていると力みは抜けづらくなります。指の動きと力加減は音色や音質、微妙なニュアンスなどに大きく影響しています。

それを踏まえて、このフレーズを吹くときはどれくらいの力加減がいいのか?どんな動きがふさわしいのか?この速いパッセージではどれくらい軽く動かせばいいのか?など音楽と指を連動させて考えてみましょう。


手が小さい、指が細い、楽器に慣れていないなどはまた別の練習方法がありますが、一通り吹ける方には有効な方法だと思います。

すぐちょうどいい力加減にはならないし、これまでのクセがすぐ顔を出してくると思いますが、少しずつできるところから。指だけにフォーカスのはやめて「身体全体で今いる空間を意識しながら」とにかくゆ~っくりのテンポで練習してみましょう(^^)





♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/






週末プレイヤーの疲れに…おススメしたい5つの対策

090956

学生の頃は毎日練習できたけど、大人になったら忙しくて練習できるのは週1~2回、楽団での練習だけ。練習は楽しいけど、終わったらぐったり、あちこち痛くて不安を感じてしまう…やっぱり年かな…と思う方も多いのではと思います。

今日は思い通り練習できない週末プレイヤーの方に向けて、疲れや力みを軽減するヒントを5つ書いていきたいと思います。


1.「楽器を吹きながら譜読み」をやめる
少ない時間でなんとかしようと、楽器を吹きながら楽譜にかじりついて譜読みしていませんか?
でも譜読みはかなりの頭脳労働。譜読みに脳のエネルギーのほとんどを取られ、身体にまで意識が回らず、気が付いたら譜読みしただけなのにすごーく疲れた、身体が痛い!となってしまいます。

こうならないためにおススメなのが、事前の譜読み。拍子、調性、テンポ、リズム、臨時記号などを把握しながら、楽譜を歌いながら読んでいきます。

譜読みの段階で練習したいポイントをチェックし、練習方法も大体決めておくと練習時間が効率的に使えます。

ある程度譜読みができていると、心と身体に余裕が生まれ、疲れる前に休むことができます。

譜読みの時間をわざわざ取らなくても、通勤通学時間やスキマ時間でOK.いつでも読めるように携帯に写メしておき、1日10小節、5分でも続けてみてください。


2.ちょっとした休みに力を抜く
演奏中に身体がずう~っと緊張していませんか?休めるときに休まず緊張し続けていることも疲れの大きな原因です。曲の中の休符、吹かない小節で吹いている時に使っている筋肉の力を抜いてみましょう。

吹いている時は主に胴体、腕~指、口の周り、アゴの力を使っています。人によっては首、背中、腰や足も力んでいるかもしれません。

「ここ力んでるな」「力を使ったな」と気づいたら、お休みで力を抜く。力を抜くのもコツがいるので最初は長めのお休みで試してみましょう。(力を抜いても気は抜かない。お休みの時も音楽と共にいましょう)


3.与えられた時間の中で、できることをやる
「時間がない!練習しないと!」と焦って練習していませんか?焦りは身体の力みだけでなく、精神的にも疲れます。 

少ない時間で沢山のことをやろうとしたり、無理に仕上げようとすると頭の要求に身体が付いていけず、身体は力んで対応しようとします。またやりたいことが全部できない自分を否定したり、自己嫌悪に陥ってしまうことも。

焦ったら深呼吸。そして「今できること」「できないこと」「やりたいこと」「今じゃなくてもいいこと」を整理してから練習をしてみましょう。


4.あの頃の完璧を目指さない
「練習できなかったけど完璧に吹きたい!」「沢山練習してた時と同じクオリティで吹きたい!」と欲張り完璧を目指すと、身体はキャパを超えて頑張り緊張するので疲れやすくなります。

「学生時代のあの時みたいに」と考えるのはやめて、今の自分にできることを積み重ねていきましょう。ゆるく怠けているように感じるかもしれませんが、それが長続きする地に足が付いたやり方です。


5.視野を広くし空間を感じる
疲れやすく力んでしまう方の多くは、楽譜と自分だけの狭い空間の中で吹いています。狭い空間では無意識に身体を縮めて吹くので、疲れるだけでなく本来の力を出すことができなくなります。

楽譜と自分だけでなく、周りの空間(後や上も)、部屋の広さや天井、周りにいる仲間と繋がる意識で吹くと、身体の使いかたが自然と変わってきます。



普段の生活に影響を出さないためにも、疲れを軽くする工夫はとても大事です。自分の取り組み方どうかな?無理してないかな?と振り返って、今の自分に合ったやり方を色々試してみてください(^^)/


♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/







小指が動かない原因は別のところに?!小指の動きがうまくいかないとき、試したいこと

以前小指の動きを改善するために試したいことを2記事書きました。(読んでない方はこちらを先に読んでみてください)

小指が突っ張って動きづらい、キーが動かしづらい方へ

小指重心にしてもうまく構えられない方へ


これらでうまくいく方はOKですが、あまりうまくいかない方はここをギュッと握っていないでしょうか?

FullSizeRender

親指と人差し指です。ここでトーンホールを「ギュッ」と押さえていたり「ギュッ」と握って楽器を支えていると、小指に重心を移そうとしても親指と人差し指側に引っ張られてしまい、うまくいかないんです。

普段から「物を持つ」「つまむ」などで力を入れて使う指だけに、楽器の時にもギュッと握るクセが出やすいのです。

「ギュッ」に気が付いたら、人差し指は「トーンホールからすぐ指を離せるぐらいの力加減」に変えてみましょう。

右親指は「指かけを乗せ楽器を支えるだけ」左親指は「トーンホールとレジスターキーを押さえられれば十分」です。そのうえで小指に意識を持っていきます。

うまくいかない原因が小指ではなく、違うところ潜んでいることも結構あります。小指をもっと快適に動かしたいとき、ぜひ試してみてください(^^)/





♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/







発表会エントリー状況&曲目

772f342c9d745dc019da14c0ca7db280_s

11月23日の発表会、その後2名増え、9名のエントリーとなりました。今月末まで受け付けていますので、演奏で参加希望の方は早めにお知らせください。


・ラボー:ソロドコンクール
・メンデルスゾーン:春の歌
・シューマン:3つのロマンスよりⅢ
・クレリス:プロムナード
・ボザ:ファンタジーイタリアンヌ
・シューマン:3つのロマンスよりⅠ
・モーツァルト:クラリネット五重奏曲より
・フィンツィ:5つのバガテルより
・サン=サーンス:ソナタより第4楽章

クラ歴数年の方から数十年の方まで、高校生から80代の方までが参加されます。今回は人数少なめなので、いつもより長めの曲もできるかも(^^)/

ちまたでは「1回の本番は100回のレッスンに相当する」と言われていますがその通りです。清水の舞台からバンジーして飛躍的にレベルアップしましょう(^^)/

これまでの発表会の様子はこちら







♪体験レッスン・随時受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com

  
クラリネット以外の方・アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com



毎月1日配信・無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  


自分だけのノウハウが身につく、難しいパッセージの練習方法



練習してもイマイチうまくできない難しいパッセージ、どう練習していますか?長いフレーズのままメトロノームを1目盛りずつ上げて練習する方も多いと思いますが、うまくいかないときは練習方法を変えてみましょう。

ここで思い出したいのは、どんなに難しいパッセージでも、2つの音の連続であるということ。まずは2つの音をどうやって吹けばキレイにできるのかを考えながら丁寧に練習することが大事です。

たとえばこのパッセージ。
FullSizeRender
リードミスが出たり、音と音の間に別の音が入ったり、音がブツブツ切れたり、指がスラスラ動きづらい、音量や音質もバラバラになりがちなパッセージです。(ローズ:32のエチュードの1)

まずは2つの音で指の操作や息やアンブシュアのコントロールがどうなっているのか、どうすればうまく繋がるのかを考えます。
FullSizeRender
この赤丸でくくった2つの音のつながりでは、主にこの3つを考えます。

【指の操作】
「ラ♭」のキーを離した瞬間に「シ」のトーンホールが全部塞がれていることが必要です。ゆ~っくり吹いて、自分がどんな動きをしているのか観察。空間に響く音や指の感覚だけでなく、鏡で確認して自分の動きを客観的にみてみましょう。

【息のコントロール】
「ラ♭」と「シ」は、息の量やスピードが少し変わります。音量や音質にギャップがある場合は、息を微妙に増やしたり減らしたり、息の方向を考えたり、色々試してベストなコントロール方法を探します。また、跳躍するタイミングで息が減ったり喉で調整しがちなので、息がスムーズに出せているかどうかも観察しましょう。

【アンブシュアのコントロール】
息が変わるのでアンブシュアも微妙に変わります。また「ラ♭」でキーを強く押さえていたり、「シ」でホールを勢いよく塞いていると、アンブシュアにも影響が出ます。指の操作ももう一度観察してみましょう。


練習の時はメトロノームはかけず、十分に観察できるテンポでとにかくゆっくり、退屈なくらいゆっくりです。そして出来てきたらその隣の音を足して3つ、さらに足して4つ…とだんだん広げていって1つのパッセージを完成させていきます。

メトロノームはパッセージが長くなってきて、もっとテンポを速くしたい時に使います。メトロノームを使う目的は、リズムが正確に吹けているかどうかを確認するためです。録音して確認するのもよいでしょう。

ちなみに私はテンポを速くしたいときは、吹きたいテンポをメトロノームで確認してから、音を消して自分の中でカウントしながら練習しています。

また、テンポを速くするときは「頭の回転」「息」「指、アンブシュアなどの身体の動き」をテンポに合わせることが必要です。指だけ動きを速くしてもすぐ限界がやってきてしまいます。

難しいパッセージも機械的に練習するのではなく「うまくいかないときは何が起こってるのかな?どうしたらできるようになるかな?」と考えながら練習します。

すると「こういう時はこうするんだ」という自分だけのノウハウが蓄積されるので、次に似たようなパッセージが出てきたときに早く楽にできるようになります。

ノウハウが蓄積されるまでには時間がかかりますが、かかった時間以上の価値があるので、コツコツと貯めていってほしいなと思います。よかったら試してみてください(^^)/


♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/




楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場