クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

2017年10月

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

10月27日「身体の使いかた、考えかたで音楽が変わる!クラリネットグループレッスン」募集開始!

image

こんにちは!豊永よしこです。

アレクサンダーテクニークのワークショップの次は、ローズの32のエチュードを使ったグループレッスンです(^^)/

ローズのエチュード「音楽的にこうしようああしよう」は一般的に教えられてきていることだと思います。「でも具体的に何をどうしたらいいの?よくわからない…!」という方も多いのではないでしょうか?今回はうちにしかできない(?!)アプローチでレッスンをしようと考えています。

・なめらかなレガートを吹くには、そのための身体の使い方や考え方が
・静かでかつ響く「p」を吹くには、そのための身体の使い方や考え方が
・跳躍をつなげるには、そのための身体の使いかたや考え方が
・自然な歌いかたで説得力あるフレーズを作るには、そのための身体の使い方や考え方が
・爆発しない、モヤモヤしない音の出だしを吹くには、そのための身体の使い方や考え方が
・・・・あるんです

しかもやりたいことに合った身体の使い方や考え方で吹くと、それだけで自然と音楽的な演奏に変化し、その人独自の味が出てくるんです(^^)(これまでも沢山の方の変化に感動しています

今回のグループレッスンでは、ローズの32のエチュードで、やりたいことをやるために必要な身体の使いかた、考え方を参加者の方と練習していきたいなと思っています。もちろんアレクサンダーテクニーク要素満載です

今回の課題は「1番」です。当日はさらに1番を5つに分け、1人1つ、計5人の方に担当していただきたいと考えています。1つ8~10小節程度なので、お忙しい方も練習しやすいのではないかと思います。(もちろん全部練習していれば、他の方のレッスンがより役立ちます。)

どの部分を吹くかは、お申し込み時にご希望を書いていただき、先着順で決めさせていただきます。(どの部分も難易度はあまり変わらないと思います)

詳細、お申し込みはこちらから。お申込みお待ちしています(^^)/


10月27日(金)
『身体の使いかた、考えかたで音楽が変わる!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村








エチュードを1曲通すのに精いっぱいな時の練習のコツ

e0708016bea0c5f419ecb24a5376f323_s

回はエチュードを1曲通すのが精いっぱいな方へ記事を書きました。
今回は、1曲通せるようになるまでの練習過程を提案してみたいと思います。気合と根性で何度も何度も通して慣れる、というのも1つですが、もうちょっと自分に優しいやり方で練習したいという方に向けての記事です。

コツは「手順を踏んで少しずつ」これだけ。完成が10だとすると、1ずつ進んでいく。上達が足踏みな方や、力んでしまう方は一気に結果を取りに行く傾向があるようです。すぐ出来るようになりたい気持ちは分かりますが「急がば回れ」で練習を進めていきます。例えばこんな感じです。

全部通すのが大変な時

⇒まずは1フレーズ(ローズ32のエチュードの1番なら8~10小節ぐらい)を練習。慣れてきたらもう1フレーズ足して少しずつ吹く長さをのばしていく。上手くいかないときはフレーズを短く戻し、吹き方、身体の使いかたなどを見直す。

ブレスがうまくできない時
⇒フレーズやテンポを気にせずに、息が無くなったら自分のペースでブレスをし、身体の中に空気が入ってくる感覚をつかむ。慣れてきたらテンポを一定に少しずつ近づけていく。フレーズのつながりを考えてブレスをする。

装飾やトリルで固まってしまう時
⇒装飾やトリルを取ってシンプルな状態で吹いてみる。息の流れやテンポがスムーズになったら装飾、トリルを1つずつ加える。うまくいかない場合は装飾だけ、トリルだけを取り出して練習。

「p」がうまく吹けない時

⇒ロングトーンやスケールなど、エチュードより負荷の少ない課題で「p」を出す練習をする。「p」を出すこと自体に慣れてきたらエチュードに戻り、アーティキュレーション等を取りスラーで「p」で練習。そのあとアーティキュレーション等を楽譜通り付けて吹く。


ざっくり書きましたが、出来るだけ細かくステップを踏んで練習していきます。苦労なく上手に吹いている人も最初からスラスラできたわけではありません。小さなステップを積み重ねた結果、出来るようになっているんです(^^)

この練習法はすべてに使えます。「これは出来る気がしない…」と気が遠くなった時にぜひ試してみてください(^^)/






★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村












【ローズ32のエチュード】エチュード1曲通すのが精いっぱい!苦しくて疲れてしまう・・・という方へ

649710



これまでローズ32のエチュードの1番の1フレーズを例に身体の使いかたや考え方をお伝えしてきましたが、そんな細かいことを気にする以前に「1曲通すとすごく疲れてそれどころじゃない!」という方も多いのではないでしょうか?

教室でも、最初は吹くだけで精いっぱいだったり「苦しいし〇〇が痛くなりました( ;∀;)」という方が結構いらっしゃいます。

この状態は慣れることで解消されることも多いです。1番では精一杯だったのが、番号が進むにつれて余裕ができ、強弱やニュアンス表現などにもエネルギーを注げるようになれます。


しかしこれも少しずつ吹き方を改善してのこと。エチュードの最後まで余裕をもって吹けるようになるには、何を気を付けたらよいのでしょうか?

1.身体の使いかたを改善する
吹いていて苦しくて疲れてしまう方の多くは、身体を固めて縮めて吹いています。「吹いている時も身体がいつでも動けるように」身体の使いかたを改善していくと、苦しくなくなるだけでなく、色々な問題が解消されていきます。

2.ブレスの方法を改善する
毎回力いっぱいブレスしていたり、素早く吸わなきゃと慌てていたり、口やアゴを緩められる時間があるのに力が入り続けていると、早めにバテてしまいます。必要なだけ吸う練習や素早く吸うために必要な練習、口やアゴを休ませる練習をすることで少しずつバテにくくなってきます。

3.息の使いかたを改善する
曲に合った息の流れで吹くように練習していくと、音楽の流れが良くなるだけでなく、ブレスもしやすくなります。また、ブレスが苦手だからと息を節約するのは音楽的にも身体的にも逆効果なことが多いので、そのあたりの意識改革も必要になります。

4.曲の骨組みやフレーズを意識して吹く
全ての音に気持ちを込めて、表現をしっかり、すべての表示を見逃さないで吹く!と思いすぎると力みやバテの原因になります。曲の骨組みやフレーズを事前に把握して、必要な時に必要な力を出す習慣をつけます。(「全ての音に気持ちを込める」のと「全ての音に気持ちがこもって聴こえる」のとではちょっと違うのです…詳しくはレッスンで)


楽団や部活などで日常的に吹いている方でも、休みなく数分のソロを吹ききるという体験はあまりないですよね。エチュードはそれと同じ体験と考えていいと思います。

最初は少し大変かもしれませんが、最初から余裕をもって吹ける人の方が少ないんですよ(^^)少しずつ改善していけば疲れにくくなり余裕もでき、エチュードが楽しくなってきます。

エチュードなんて敷居が高い…自分になんか吹けない、と思っている方もぜひ簡単なものからチャレンジしてみてほしいなと思います(^^)/






★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村













跳躍でリードミスが出てしまう時に気を付けたい重要ポイント~ローズ32のエチュードより

こんにちは!豊永よしこです。
10月27日のグループレッスンにちなんで、ローズ32のエチュードの吹き方の記事を書いています。

今回は跳躍でリードミスが出てしまう時に、忘れないでほしい重要ポイントを書いてみたいと思います。

お題はこちら 1小節目の1,3拍目や2小節目の1拍めの「ミ」に降りる形はリードミスが出やすいところです。
image




沢山気を付けたいポイントはありますが、まずはこの基本中の基本を思い出してみてください。


この2点ポイント。頭(上下の歯)と右親指のバランスです。この2点でバランス良く楽器が構えられていれば、跳躍の時にも楽器が安定して、不要なアンブシュアや指の力みを減らすことができます。結果的にアンブシュアの動きに自由度が出て、リードミス率がかなり減ります。 息の流れも良くなるので、滑らかにつながりやすくなります。

この2点ポイントは、跳躍だけでなくどんな時でも重要ですので、ぜひ身に着けてほしいと思います(^^)/

このフレーズの吹き方は、こちらにも違う視点で書いています。
下行形の跳躍の成功率を上げる考え方




グループレッスンではこのほかの重要ポイントもお伝えしていきます。
お席残り3名です。
10月27日(金)
『身体の使いかた、考えかたで音楽が変わる!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!    


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村














個人練ではできているのに合奏ではミス多発!うまく吹けないという時、試してほしいこと

1d622f3fc1288d613de68b7b753609dd_s

こんにちは!豊永よしこです。
個人練の時は音もよく出てうまく吹けるのに、合奏になると音が出なくなってミス多発、楽しいはずなのに疲れてしまう…という方、生徒さんにも結構いらっしゃいます。

合奏では個人練とは環境がガラッと変わり、やることが劇的に増えるのでキャパオーバーのためにミスや疲れを誘発することもあると思います。でも、それだけじゃないかもしれません。

そんな方に質問です。合奏の時にこんなことを思っていませんか?

・音程を合わせなきゃいけない
・大きな音を出さなきゃいけない
・縦を揃えなきゃいけない
・遅れちゃいけない
・走っちゃいけない
・飛び出しちゃいけない


これらはもちろん必要なことで、これで演奏は一応整います。でも

「しなきゃいけない」という「強制」
「してはいけない」という「禁止」

この意識で演奏し続けると考えた時、どんな感じがしますか?そしてその音や音楽、お客様にはどう聴こえるでしょうか?・・・大体想像できますよね(^^)

人は「しなきゃいけない」と強制されたり「やってはいけない」と禁止されると、身体が縮み固まりやすくなります。

そんな状態では思うように吹けなくなるのでさらに頑張ってしまう…固まっているから出来ない…という無限ループにはまって、ミスが多くなったり疲れやすくなってしまいます。


ではこれをどうしたらいいか?
「しなきゃいけない」「しちゃいけない」を自分の中でこんな風に変換してみます。

例えば…
「音程合わせなきゃ」⇒「隣の人と音を溶け合わせてみる」
「遅れないように」⇒「音楽の動きを全身で感じてみる」
「大きい音出さなきゃ」⇒「リードをもっと振動させてみる」

「強制」「禁止」から、能動的に動ける言葉へ。それだけで心と身体は必要なことを準備し始めます。

固まったり縮んでいる状態では自分の力を出すことは至難の業です。本来の自分に戻って力を発揮する言葉の練習、合奏でも試してみてください(^^)/



普段の練習や合奏などでお悩みがある方はグループレッスンで相談してみてください(^^)/
お席残り3名です。
10月27日(金)
『身体の使いかた、考えかたで音楽が変わる!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村















楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場