クラリネット♪本来の自分で吹いてみよう~藤崎クラリネット教室ブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。効率的で心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「音を響かせたい」「思い通りに吹けるようになりたい」
こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪情報満載!月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

2017年03月

こんにちは!豊永よしこです。
スロートトーンについての記事、第2弾です。
第1弾はこちら

スロートトーンは、楽器をしっかり鳴らそう、と思って吹くと
雑音が増えたり、まとまりのない音になったりとコントロールが難しい音域です。
楽器を鳴らそうと考えて上手くいかない時は
ここを意識してみてください。オレンジ色に塗りつぶした部分です。

(左は顔を正面から見た図、右は横の断面図です。)
image
手作り感満載ですが(^_^;)オレンジ色の部分は副鼻腔、鼻腔(鼻の穴の中)。
どちらも空洞です。
この空洞・・・副鼻腔、鼻腔を利用して音を響かせてみましょう。
「鼻の中や副鼻腔を響かせよう!」と頑張るよりは
「鼻周りや上あごの天井の上に空洞があるんだな~」と軽く考えるぐらいで
息の方向を考え、音を出してみてください。

特に音を長く伸ばす時や
他の音域とのギャップを減らしたい時におススメです。
スロートトーンだけでなく、他の音域でも効果は同じですので
ぜひ試してみてください(^^)




レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村











こんにちは!豊永よしこです。
解放のソ周辺の、いわゆる「スロートトーン」
もともと鳴りづらく不安定で音色もイマイチですが
吹き方で改善する事も出来るんです。

色々なコツがありますが
基本は、キーをギュッと押さえつけない事。
知らず知らずのうちに、キーを押さえつけていませんか?
時々キーを押さえつけながら楽器を支えている人もいますが
それはNGです。

キーをギュッと押さえつけて吹くと
その力みがアンブシュアにまで影響を与え
音色や音程にかなり影響を与えてしまうんです。
指の動きも悪くなりますし
時にはリードミスの原因にも・・・
キーを押さえつける弊害はいくつもあります。

キーを押さえる時は、タンポが上がるだけでOK。
完璧に上がりきらなくても大丈夫です。(大抵きれいに上がっています。)
BlogPaint
また、トーンホールに指が覆いかぶさらないように
リングキーに触らないようにしようと
気を付けている人もいますが、音程が変わるほどでなければ
あまり気にしなくてOKです。
それよりも、指でギューッと押さえつける方が音に影響があります。

キーを押さえつけないためには、構え方も見直してみてください。

「右手親指と上下の歯でバランスを取って楽器を構えられている」

これが基本です。左手が自由になっていれば「ギュッ」の必要はありません。
どうしても「ギュッ」がやめられなかったら
構え方もチェックしてみてください。
(構え方についてはこちらの記事を参考にしてください。)

スロートトーンも良い音で鳴らしたいですよね。
他にも色々コツはありますが、
まずは基本のキーの押さえ方、試してみてください(^^)



レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村









こんにちは!豊永よしこです。
メルマガ4月号の内容が決まりました。

1.最近の教室から~グループレッスン終了しました!
2.勉強会曲目発表!
3.注目のブログ記事
4.コンサート情報
5.今月のおススメ動画(人前で演奏する方必見!)
6.面白いお店発見しました!
7.私がアレクサンダーテクニークを学び始めたきっかけ

今回も長いです!
単純に字数計算したら5100文字ぐらいありました(笑)

メルマガにしか書かない情報もありますので、気になった方はぜひご登録ください。
前日までに登録された方には
4月号をお送りさせていただきます。
登録は教室のHPの下のリンクからどうぞ(^^)




レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





こんにちは!豊永よしこです。

曲を練習する時、出来ない所、苦手なところ、どう練習していますか?
多くの場合はゆっくりから段々テンポを上げて練習していくと思います。
でもそればかりでなく、細かい所が出来ていなくても
時々インテンポで練習してみましょう。

この練習の目的は、
自然に吹くために必要な方向性、
インテンポに合った息のスピードや意識の準備
曲の流れの中でのそのフレーズの役割を知るためです。


くれぐれも「あ~まだインテンポじゃ無理(T_T)」と
凹むためではありませんので念のため(^^)

テンポに付いていけなかったり、もつれたり音が抜けても
止まらずにインテンポで進めます。
出来なくてもダメ出ししないで大きな流れを把握します。

また、インテンポで練習すると、これまでの練習の成果が分かるので
コツコツ練習に戻った時に
どこに重点を置いて何をどれくらい練習して行ったらいいのかがわかり
練習プランを立てる事が出来ます。

「出来るまではインテンポではやらない!」と
こだわらず練習してみましょう。
ぜひ試してみてください(^^)




レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村













レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村






こんにちは!豊永よしこです。
何の疑いもなく、理由も考えずにしている色々な練習、ありますか?

メトロノームで速いパッセージの練習
ロングトーンを一定の長さで伸ばす
難しいパッセージをリズムを変えて練習
ゆっくりから少しずつテンポ上げる練習

・・・これはごく一般的にされている練習ですが
そもそもなぜしているかを考えてみましょう。

「先生に言われたから、皆がやっているから何となく」と思ってやるのと
「この練習、何の意味があるんだろう?何に良いんだろう?」と考えて
自分なりにやる理由を理解してするのとでは
効果がかなり変わってきます。


何となくやっている練習は機械的で
ただこなして筋肉活動をしているだけになりがちです。
でも、練習は筋トレではありませんよね(^^)

なぜ練習するのかというと
楽譜を正確に再現して作曲家の意図をあらわす為
自分がこう吹いてみたい、を実現する為ですよね。

そんな高度な芸術活動には
機械的にただ何となくの練習はあまりそぐわないんです。

例えば習慣化されているロングトーン。
なぜ拍を決めて吹くのかな?なぜ一息で吹くのかな?
なぜブレスの拍も決められているのかな?と練習する意味を考えてみましょう。
もっと違うやり方の方がいいかも?と思ったら
自分の良いと思うやり方に変化させてみましょう。

また、これはやっちゃダメ!と言われている練習も
理由さえはっきりしていれば効果があるものもあります。
やる意味がはっきり分かっているなら、タブーとされている練習法も
しばらく試す価値はあります。


何となく吹き始める前に、やる意味を考えてみる。
上手な人はそんなところから考えています。
部活や楽団の練習に向かう時間に、よかったら考えてみて下さい(^^)





レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村







↑このページのトップヘ