クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

2017/02

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

「実技試験、良い本番を終える事が出来ました」クラリネット専攻大学生からの嬉しい報告

2acf611ad176f5a0b5c3d0180a505f09_s

教室にレッスンに来てくれている、クラリネット専攻の大学生の生徒さんからうれしい報告がありましたのでご紹介したいと思います。


昨日、無事に後期の実技試験が終わりました。
指が回りにくかった連符は息の量やスピード、方向を考えることで改善されました。

高音は出なかったところもありますが、「ファ」の音を出すと決意して吹くことで自分の想像通りの音を出すことができました。色々な箇所で豊永先生のアドバイスを生かすことができ、良い本番を終えることができました。

私の感想として、練習の中で1番良い演奏とはいきませんでしたが、緊張しているという状況を楽しめたように思えます。そして、やはり課題は高音域だと再確認しました。春休みを生かして練習に取り組みたいと思います。

先生方や、先輩方にも音が変わった、大らかな音で良い、などとお褒めの言葉をいただきました。

余談ではありますが、この間のレッスンの後、ピアノ伴奏をしてくれる友達と合わせをしたのですが、合わせを終えた時に突然「なんか上手くなったね!」とその友達に褒められました。豊永先生のレッスンの効果を、人に褒められることで改めて実感しました。

また、春休み中に豊永先生のレッスンに伺いたいと思っておりますので、その時はよろしくお願い致します。ありがとうございました。


大学の実技試験の前に、レッスンに来てくれた生徒さん。レッスンでの色々なアドバイスを自分のものにして良い体験ができたようで私も嬉しいです!

「音大等でレッスンを受けているけれど、成果が出なくて行き詰っている」「先生のおっしゃることが出来ない、分からない」「周りが気になって焦るばかり」という方、かなりいると思います。

うちのレッスンではアレクサンダーテクニークの考えのもと、身体の使い方や考え方から演奏を改善する教え方をしています。おそらく大学の先生とは違う視点での指導です。

実技試験やコンクールで思うような成果が出せなかった方、うちのレッスンに興味のある方はぜひ来てもらいたいなと思います(^^)






★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





他の先生に習っているけど、教室のレッスンを受けて良いですか?

091650

体験レッスンに来た方に時々「実は他でもレッスンも受けていて…それでもレッスンに来ていいですか?」と言われます。

結論から言います。「うちはOKです!」

色んな考えがあると思いますが私は全く構いません。むしろ意図をしっかり持って進めれば、2人の先生に習う効果はかなりあるのでは?と思っています。


例えば、内容の棲み分けで効果を出す。
(前から習っている先生をA先生とします。)

A先生のレッスンでは曲やエチュード。
⇒うちのレッスンでは基礎や身体の使い方を練習。

A先生に言われても出来ない事がある。解決方法がよく分からない。
⇒うちのレッスンで質問、練習してみる。

A先生のレッスンでは基礎を沢山やる。
⇒うちの教室では曲を練習。

また、これとは全く逆に、同じ課題を違う先生にみてもらうのも違う角度からの指導が受けられるので、新しい発見が出来ると思います。違う意見を聞いたうえで、自分で選ぶ訓練も出来ると思います。


もちろんおススメ出来ないケースもあります。
・楽器を始めて日が浅い
・やりたい事がはっきりしていない
・普段から先生に依存しすぎてしまう

この場合は、迷子になってしまう可能性が高いと思います。
また、元々習っている先生の方針が「他で習っちゃダメ!」なら、もちろん×ですよね。礼儀はきちんと守ってほしいと思います。

私もクラリネット、アレクサンダーテクニーク共に複数の先生に習って、色々な学びを得ています。他の先生に習う事で、いつも先生に言われている事が腑に落ちたり、より理解できる事もたびたびです。混乱することもありますが、そのたびに自分でしっかり考えるので、混乱することで成長できると感じています。

教室にも普段は地元や大手教室でレッスンを受けて、月1でうちに来てくださったり、前から通っているレッスンを継続しながら、時々うちに来られたり、音大のレッスンを受けていて、うちにも習いに来る方がいらっしゃいます。

私もブレイクスルーしたい方、世界を広げたい方で私の考えや教え方に興味がある方のお手伝いをしたいと思っています。ぜひ勇気を持って一歩踏み出してほしいなと思います(^^)

メルマガでもお伝えしましたが、単発レッスンをリニューアルしましたので、興味のある方はぜひお越しくださいね(^^)





レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





上達に欠かせない「気付く」力

439277

先日レッスンで生徒さんが「本番で曲を吹いている時にブレスがうまく出来ない」と話してくれました。

「ブレスする前、ブレスした時、ブレスした後、こうなっていた」

生徒さんは本番で、自分がどういう状態だったかを教えてくれました。 その方はレッスンを始めて日が浅かったのですがきっと上達が早いんじゃないかな?と思いました。気付くことが上達の第一歩だからです。

生徒さんのお話自体に、改善のヒントがいくつかありました。お話を聞いた後、ブレスの時の不具合が起こる理由と、それを改善するにはどうしたらいいか?何を練習していけばいいか?をお話しました。

出来ないと、反射的に自分にダメ出しをしがちですが、出来なかった事は上達への大事なきっかけです。「出来なかった」を「出来た」にするには出来なかった時、何をしていたかに気付く事がとても大事なのです。

反射的なダメ出しを一時停止して、何をしていたかを思い出してみましょう。

何も気付けない、分からない、思い出せない方は、小さな気付きをスルーしていたり、自分の気付きを信用できないだけかもしれません。

気付く力は誰にでもあり、鍛えられます。出来ない所が出てきたら、自分が何をしているかを観察してみる。

ささいな気付きでOKです。正しいか正しくないかも考えなくてOKです。よかったらトライしてみてください(^^)







★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





着ている服で音の響きは変わりますか?

232812

生徒さんから「着ている服で音は変わりますか?」という質問を頂きました。科学的データを取ったわけではないですが私は変わると思います。

ドレスやタキシードより部屋着、制服よりジャージの方が身体が自由に動きやすくなります。着慣れた服というだけで、身体は動きやすくなるのを体感している方も沢山いると思います。動きやすいという事は、響く音を出す条件の1つです。

でもちょっと窮屈な本番用の服でも、ストレッチ素材にしたり、おなか周りを締め付けないものにするなど、細かい調整をする事は出来ると思います。自分が一番気持ちよく演奏できるのはどんな服かな?考えてみましょう。

服の自由が利かない場合はイメージで身体の使い方を変える事もできます。

以前制服で窮屈そうに吹いていた生徒さんに
「ジャージを着てるつもりで吹いてみよう」と言ったら、急に音が響いて伸びが良くなったことがありました(^^)ジャージの動きやすいイメージが、身体が自由に動ける事を思い出させてくれたようでした。

あまり神経質になると逆効果ですが、着ている服も身体の使い方=音に繋がっています。ゆったりした服が良い方、逆にカッチリした服の方が気が引き締まって良い方等、人それぞれ。自分のベストを探してみてください(^^)






レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





発表会日程決定!

こんにちは!豊永よしこです。

次回発表会日程が決まりました。
2017年11月19日(日)です!

カレンダーや手帳に記入しておいてくださいね(^^)
よろしくお願いします。




レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村




楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場